So-net無料ブログ作成
検索選択

風を通しに行ったついでに [空き家のメンテ]

電車で立っていたら、前に座っている人がポータブルケージを

膝の上に載せていました

黒っぽい姿が見えたので猫ちゃんかと思ったらフクロウでした

ビックリしたにゃ(◎-◎;)

以前、前の席の人がフォックスか何かのファーを首に巻いてると思ったら

それは本物のフェレットで、首の周りをぐるぐる動き出したこともあり

電車の中では時々心臓がバクバクするシーンに遭遇します

(自分では見えませんが、たぶんムンクの叫びみたいな顔になっていたと思います)





三連休は実家に風を通しに行きました

昼間は自転車に乗って、お蕎麦を食べに行きました

rps20170717_141957.jpg


rps20170717_142414.jpg

こんな感じの所にお蕎麦屋さんがドーン!

観光シーズンは一時間待ちとかざらなのですが

この日は10分ぐらいで呼ばれました

rps20170717_142100.jpg


rps20170717_142136.jpg


rps20170717_142229.jpg


rps20170717_142203.jpg

十割蕎麦で食感がすごく良かったです

が、全然足らず(笑)

天ざる大盛にすれば良かったと後悔しました(^-^;




夕方ゲリラ豪雨が降り涼しくなりました

日帰りで戻ろうかと思いましたが、休日もゴミ収集があるとわかり

泊まっていくことにしました

エアコンなしでも涼しい、いや寒いくらいの風が入ってきました



本日のバラ

P1040780 (1280x960) (400x300).jpg

nice!(23)  コメント(16) 

ビールがまずい!! [緑内障]

「くぅーーーーっ、うまいっ!!」と

夏になるとビールの一口目はとても美味しいものなのです


が、今年のビール・・・なんだか美味しくないのです



退院後の一杯

rps20170713_121255.jpg

息子が高校時代1年間過ごしたカナダで買って来てくれたお土産のビアマグで

最高に美味しいはず・・・・だった




なのに「?????」と思った

味が薄い

炭酸抜けてる~??

思わず、缶の底を見た



賞味期限は過ぎていなかった、というか数時間前に買ったばかりなので

過ぎていたら困る(笑)




その後、毎日違う銘柄を飲んでみた

けど、やっぱり美味しくない



どうして???と、小さな脳みそで考えて、気づいた


今、1日一回飲んでいる薬のせいだとわかった


眼圧を下げる「ダイアモックス」という薬はかなりきつい薬で

効果も大きいけれど、薬剤情報には怖いくらい副作用が並んでいる


全力で身体から水分を排出してくれるのでまるでミルク飲み人形のごとく

トイレに頻繁に行きたくなる

そして、手足や唇・舌・ふくらはぎ・頭のてっぺん・・・

いろんなところがしびれてくる

つまり、しびれた舌で飲むものだから感覚も味覚もおかしいのです



そして、気づいたのは味や感覚がおかしいのは炭酸飲料限定であること


・・・ワインは美味しくいただけるんですよ~( *´艸`)



というわけで、最近はもっぱらワインをグラスに1~2杯と決めています



早く、薬が無くなって美味しいビールを飲みたいものです



だって、ビアガーデンが私を呼んでいるから(笑)




※注 文中の写真のビールは本来ならば美味しいビールです(^_^;)







**********************************

そして先日、居酒屋さんで中ジョッキで「乾杯~」と飲んだらすごく美味しくて

「えっ、味覚が戻ってる?」と思った瞬間


薬を飲み忘れていたことに気づきました………そこね!!(@ ̄□ ̄@;)!!


薬効果恐るべし(◎-◎;)






本日のバラ

P1040746 (1280x960) (400x300).jpg

nice!(25)  コメント(18) 

故障? [ひとりごと]

この暑さの中、娘の部屋のエアコンが冷えなくなりましたΣ(ノд<)

そして、同じ日

冷蔵庫、急速製氷に設定しても

しばらくすると設定がなかったことになってます


え~2台同時?




そして、まじまじと見た保証書



安心の5年保証にしたのに、微妙に5年過ぎてた(T△T)





トントントン(ノックする音)

ねぇ、家電さん

あなたの中には1年タイマーとか5年タイマーが入ってますか?



…と保証期限直後に壊れる製品を見たらいつも思う私でした






そして、エアコンは修理に来ていただいてガスを注入

出張費のみで7000円弱をお支払しましたが

修理にはさらに3万いくらかかると言われ保留に…

「新しく買われた方がいいかも」商法にまんまと乗りそうになりました





しばらく、一休さんのように黙想したら、ひらめきました!

買って試運転しかしたことがないエアコンが私の部屋にあるのです

(使ったことがないので存在すら忘れていました(笑))

それを移動してもらう!

安くあげるには、一か八かのこの方法

試してみる価値はあり…………なのでしょうか?(笑)






本日のバラ

P1040762 (1280x960) (400x300).jpg

nice!(25)  コメント(12) 

何だったっけ?

夜にクロネコさんが荷物を届けて下さったのですが

あまりに大きい箱で、何を注文したのか答えを見いだせず

ドキドキしながら梱包を解いてみました


たくさんのエアクッション(名前は不明)を出すと

下の方にプチプチに巻かれたブツが鎮座していていました



箱、デカすぎ~(笑)

商品の8倍くらいありました(@ ̄□ ̄@;)



中身はこちらでした

rps20170715_102514.jpg

血圧計です(笑)

まさか、自分が血圧計を買う日が来ようとは( ; ゜Д゜)



二回の入院中、高いときが多かったので家でも計ってみましょう




記念すべき第1回目

70‐90

あれ、私のスタンダードじゃん(゜ロ゜)


160とか180は何だったのでしょう?

白衣高血圧?(笑)

nice!(28)  コメント(18) 

実験中 [緑内障]

ようやく、一昨日の夜から自分でシャンプーができるようになり

洗顔も洗顔料を使えるようになりました(すっきりしました~)

やっと、いつもの生活に戻りました(^_^)v



退院後初めての診察に行きました

この前は、いきなり入院になったので、念のためにお泊まりセット(一泊分)を

準備してバッグに詰めておきました(ひとつ学習したわね(笑))

が、必要ありませんでした(*´▽`*)




病院には、いくつかの行き方がありますが

娘が退院の朝に車で来てくれたときは近くまで来てから病院の駐車場渋滞にはまって

30分進まなかったと言っていたので、朝のバスは避けてモノレールです

向かい側に可愛い車両を見つけました


チキンラーメンです♪

rps20170713_120908.jpg


rps20170713_120943.jpg


そして、病院からは後姿だった太陽の塔も正面から見られます

rps20170713_121027.jpg


観覧車も見えました

rps20170713_121059.jpg



眼圧は飲み薬と目薬で押さえていますが正常値よりは高くて

目薬を増やして飲み薬を減らして、来週まで様子見です

量の微調整をしてまるで実験をしているみたいですね




鰻屋さんに入ってみました

rps20170713_121124.jpg




あとはおうどん屋さんとsubwayに行ったら全店舗制覇です\(^-^)/



本日のバラ

P1040776 (1280x960) (400x300).jpg

名前は永遠に覚えられないと思います(苦笑)


nice!(30)  コメント(22) 

3週間ぶり [介護]

退院して初めての週末に母のホームに行きました

実に3週間ぶりです

一緒に叔母も行ってくれたのですが、母に会うまではどうなっているか不安でした



フロアに行くと、母の姿はなく、お部屋で寝ていました


「おはよう」と声をかけると「おはよう」と答えて自分で身体を起こしました

1時間ぐらい3人で話をしていると、これまで以上に受け答えもしっかりしていて

表情があり、座っている体勢も崩れずまっすぐにしていられました


お茶を飲ませてから、廊下をお散歩しました

わりとしっかり歩いてくれました

廊下の端の椅子に座って、またまたお喋りタイムです

最後に立ち上がるときに叔母が

「1・2の・・・」というと

母が「さーーーん!」と言って自分で立ち上がり叔母は大喜びでした



表情も受け答えも、認知症と言わなければわからない

普通の高齢のおばあちゃんという感じでした



脱睡眠薬・・・すごいです!

どんどん普通に戻っていってます




ところが、テーブルについた瞬間・・・認知症の顔に戻りました



すごーく、不思議

父のときもそうでしたが、車椅子を押して外でお散歩をして犬を見たりすると

表情もいきいきして返事もするのですが、ベッドに座らせた瞬間

父の表情が認知症の人の表情に変わっていったのが

まるでコマ送りのようにわかり

「お散歩楽しかったね」と言っても無反応になりました


この時の母もそうです



止まることがいけないのか、場所がいけないのか・・・

表情がなくなるスイッチが入るんですよね






さて、かなりの長居のあと

スポンサーつきで(*^。^*)、鶴橋に焼肉ランチを食べに行きました



少し前に友人たちと行った鶴橋の「明月館」にご案内しました

2時過ぎだというのに長蛇の列でびっくりしました

「えっ、みなさんおやつが焼肉?」って感じです

駅前は客引きがいっぱいいましたが、客引きなしでこんなに流行るってすごいことです

30分ぐらい経ってようやく順番が回ってきました



rps20170710_222118.jpg


rps20170710_221959.jpg

ビビンバもひとりにひとつあります

これにスープが付いて1人前1700円(税込)でした

小鉢のナムルも含めて全部が美味しくて、満腹でした


叔母もこのボリュームと美味しさとお値段にはびっくりでした




元気な母も見られて良い一日でした



ごちそうさまでした[黒ハート]



本日のバラ

P1040761 (1280x960) (400x300).jpg

nice!(21)  コメント(12) 

ジプシー [ひとりごと]

手術後1週間は洗顔も洗髪もできませんでした

その後の1週間は、水での洗顔と介助洗髪になります

つまり、家でシャンプーはできないのです



というわけで、仕事帰りに毎日美容室に行っていました

(キャー、お金持ち?ちがうちがう!)


いつものお店はなかなか空いていないので、毎日飛び込みで違うお店を渡り歩きました

そこで見つけた素敵なお店・・・

シャンプーの椅子が、ビジネスクラスみたいにフラットになって

ベッドみたいに幅が広いのです

思わず「すごいベッドですね[exclamation×2]」と口走ってしまい

「あっ、ベッドじゃなかった・・・」と恥ずかしくなりました[たらーっ(汗)]

手術後ということを話したので、とても気を遣ってもらい

たくさん割引券ももらったので、しばらくこちらに通います

1000円でお試しヘッドスパをしたら寝てしまいました[眠い(睡眠)]

ヘッドスパを付けたらシャンプーと前髪カットも無料になり

何故だかシャンプーブローよりお安くなりました

摩訶不思議なシステムだけどお安くなるなら(≡゚∀゚≡)です




プロに髪の毛をお任せする一週間

私の人生史上最高の贅沢?

でも、また近いうちに入院したら、退院後にこの生活がやってきます

もったいないけれど、今年はそういう年なのだと割り切ります

髪の毛もサラサラになるので、実はかなりうれしいです(笑)



本日のバラ

P1040743 (1280x960) (400x300).jpg


nice!(23)  コメント(16) 

一番恐れていたこと [緑内障]

入院中、何度も診察は行われましたが

ある時、先生が「良い方の目も診ておきましょう」と言われました



ドキドキしました

だって、両目が見えなくなったら私の人生終わる!ぐらいの衝撃ですから

まずは、仕事は続けられない(どうやって生計を立てる???)

ひとりで外出もできない

それどころか、家の中でも介助がないと生活できない

2つあるものが1つになってもまあ仕方ない

でも、1つが0になったら、どうしたらいいの~??

(きっと、耳の病気で片方の聴力を無くしている人も心の片隅に
 
 同じ不安を抱えて生活されているのではないかと想像しています)




器械に目を当てている間に色んな思いがグルグル回りました

私がある意味、知るのを一番恐れていたこと、そして目を背けていたことです




長い間、器械で目を診たあとに

先生は「疑いありですねぇ」と言われました

「先生、それだけは困るんです」と言うと

「よく調べてみましょう、そうならないよう頑張るのですよ」と言った後に

色々質問をされました

後日精密検査があり、今のところは大丈夫だけど

今後は要経過観察になりました(命拾いしました~)



そこで出されたミッションは、母子手帳を探すこと

その中に良い方の目に関してもヒントが隠されているそうです



そんなことを言われた先生は初めてで感動しました

探究心がすごいです!


というわけで、退院後の週末に実家にカビ対策も兼ねて向かいました


目星をつけていた場所を探すと30秒で見つかりました

今度の診察に持っていきます

半世紀前の母子手帳は見るからに年代物でした(笑)






部屋の中はカビもなくきれいでしたが

眼帯をして、アルコールスプレーで畳やフローリングの大掃除をしました♪

秋に泊まりに来てくれる友人たちに快適に過ごしてもらえるように

きれいをキープできればと思います



掃除が終わってお気に入りのカフェに行き

遅い昼ごはん、もとい、昼ビールを注文しました

おつまみがセットになっていて、美味しいのです




そして、外が好きです(*´∇`*)

rps20170708_165536.jpg


rps20170708_165616.jpg


rps20170708_165830.jpg

茶色いしっぽがたまらなくかわいかったです

あのモフモフを後ろからそーーっとつかんでみたい(野望)




本日のバラ

P1040733 (1280x960) (400x300).jpg





nice!(19)  コメント(17) 

緊急手術 [入院]

覚書のため、診察~入院当初のことを記しておきます


前医からの紹介で大学病院に行きました

検査もあるでしょうし、これからの方針をいくつか相談するぐらいの

かるーい気持ちで行って10時半から検査が始まりました

さすが、大学病院!眼科だけでとんでもない数の患者さんがいました

そのかわり、診察室も10数室あってビックリしました

検査の合間に呼ばれた「予診室」でこれまでの経緯や今現在の状況などを聞かれます

どうやらそこで、どの専門医に担当してもらうかの振り分けが

行われているように思いました




その後、緑内障の担当医に決まりましたが

診察室に他の先生も集まって来られて診察中に相談をされています

あとから、その先生方は眼科の違う専門の先生であることがわかりました




そして、食事も水分補給もしないまま、3時ごろになっても検査が続き

点滴で眼圧を下げようということになりました




なんと、この日の眼圧「70越え」でした(正常値は10~21)

何度も先生方や看護師さんから「頭痛くなかったの?」とか

「夜も寝られていなかったのでは?」と聞かれましたが痛みはありません

この数字は「すさまじい」とか「なかなか見ない数字」

「救急車で運び込まれる数値」と表現されました





点滴中、違う先生も診に来て下さり寝たまま眼圧を測り

あまり下がっていないことを確認して

「はやいうちに(手術)やっちゃったほうがいいわ。誰とお住まい?」と聞かれ

娘が一人でほっておいても大丈夫な年齢であると確認して入院手続きが始められました

「じゃあ、上(病棟)に上がったら夜、手術ね」と告げられて5時過ぎまで検査は続き

自分で入院手続きの書類を記入して

あれよあれよという間に車椅子に乗せられて病棟に上がると

そこは「個室」でした(汗)



前回の病院は(何かが見えたらこわいので(笑))個室に入りたくない感じでしたが

高齢の方ばかりの4人部屋は強烈なイビキや、朝4時半から硬い煎餅?を食べる、

早朝からロッカーを引っ張る?など結構きつい環境だったので、今回は覚悟を決めて

「このままずっと個室でいいです」と言いました



すぐに夕食が出て、半分だけ食べてすぐに手術室に向かいました

さすがに大病院、手術室は広くてきれいで、10人ぐらいのスタッフがいました

自分で手術台に上りました




局所麻酔での目の手術は2回目、少し慣れました

執刀医の「◌さんの◌●手術始めます。執刀医▲、予定時間は30分です」という

声が聞こえました

またまたドラマの中に自分がいるみたいでした

途中で手術室の電気が消される特殊な手術でした

ピリピリした緊張感が身体全体を覆うシート越しに伝わってきました




2度目ともなると何となく「もう終わるのかなー」という雰囲気はわかります

ポンポンと肩を叩かれ「終わりましたよ。大成功です」と言われました




眼科の中でも専門が細かく分かれている大学病院

普通なら1人の先生に診ていただくことになると思うのですが

私のように特殊な患者にはチームで対応してもらえたのが本当にありがたく

執刀医は技術力の高い先生でした

あとで聞くと「手術中、何が起こっても不思議ではないくらいとても難くて

少しでもミスをしたら立て直しがきかない手術でした。

スタッフにも術前にかなりきつく伝えてあったのでみんな大変だったと思います」

と言われました



そこまで緊張感のある手術と私に思わせずに成功させて下さった先生には感謝です

この高眼圧(発作状態)がたまたま診察の時に出てくれて命拾いです




入院を知った叔母が電話をかけてきて

「そこの病院に紹介されて、緊急であれ手術してもらえたのもあなたの強運」

と言いました



入院中は、3人の担当医にずっと診ていただきましたが

連携が素晴らしく、夜の9時の診察で数値が悪いと主治医に伝わり10時には主治医の

指示で新しい薬が届くといった具合に、情報の共有が徹底されていて安心でした





大学病院は確かに外来も含めて患者数がとても多いのですが

どの先生もびっくりするぐらい話をゆっくり聞いて丁寧に答えて下さいました

待ち時間は長いですが「診察3分」ではありませんでした

病棟では朝と夜に診察がありとても手厚く診ていただけました




そして前回同様、手術後も痛み止めなしでも全く痛みを感じずでした

私の脳の痛みの中枢は完全に壊れているのかもしれません

ある意味幸せですが、悪化していても気づきませんΣ(T▽T;)





**************************


退院手続きをしてから娘が来てくれるまでの2時間

暇を持て余して利用した私のお気に入りのテラスです

rps20170705_091028.jpg


rps20170705_091138.jpg

病院とは思えないおしゃれな空間でしたが、さすがにコーヒーで2時間はつぶせず

またまた入院していたフロアのデイルームに舞い戻ったのでした


nice!(25)  コメント(18) 

更年期高血圧? [ひとりごと]

一回目の入院中に気づいたことがあります

毎日、血圧を測ってもらっていたら、ずっと高めだったこと

若いころから昨年まではずっと低血圧で、60-90ぐらい(たまに上が60台とかで

「もしもし、生きてますか?」ってこともあった)だったのが

1年も経っていないのに80-130ぐらいになっています[がく~(落胆した顔)]

一番ひどいときは180ぐらいありました(きゃー)

以前は全然平気だったので、「白衣高血圧」とも違う気がします

これからますます上がるのでしょうか?




心当たりが全然ないのになぜ???と思って調べていたら

「更年期高血圧」というのがあるそうです



それは更年期が終わっても改善されるわけではないようです

母もすごく健康的な生活に減塩生活だったのに高血圧で

すごく不思議に思っていましたが、これだったのかもしれません



更年期・・・色々困った問題があるのですね(ふぅ~)



そして、二回目の入院も高いときが多く

「おかしい!高すぎるからもう一回。はい深呼吸をして~」と

しばらくス~ハ~したときもありました


すると、あら不思議

かなり、下がりました



血圧と呼吸法もかなり関連性があるのかもしれませんね

緊張で息を止めてしまうと血圧もあがるみたいです

それからは、意識的に深呼吸をしてから血圧を測っています


病院で高血圧と言われる人は、家でも毎日測ってみると良いみたいです

高い人は、深呼吸もお試しください!






とある場所にある私の大好きな空間です

DSC_5613 (300x400).jpg



本日のバラ

P1040727 (1280x960) (400x300).jpg

nice!(25)  コメント(18) 
メッセージを送る