So-net無料ブログ作成
検索選択
お・も・て・な・し? ブログトップ
前の10件 | -

また来てね [お・も・て・な・し?]

最後の朝はご飯を食べて関空に向けて出発です

あまりにも荷物が多かったので娘のミニカーの後ろに入れるとドアが閉まらず

苦笑いです


関空連絡橋では海と空、まっすぐな道路の美しさに最後の写真を撮っていました

DSC_9453 (400x300).jpg


DSC_9454 (400x300).jpg


DSC_9455 (400x300).jpg



娘が駐車場でさらっと車庫入れをすると

「すごいー!!アメリカ人はこんな狭いところにバックでは入れられない」と

言われました

そうでしょうね、停め放題ぐらい土地が広いですから(笑)



国際線の出発ロビーでハグをしたときはお互いに涙ぐんでしまいました

娘はハグをした後「また来てください」と日本語で話しました

どこまでもマイペースな娘ちゃんです(笑)



一週間の日本滞在が彼女にとって楽しい思い出になってくれたでしょうか

大歓迎なので、また来てほしいです

次回の来日時には、富士山と北海道に行きたいねと話しました





番外編ですが・・・

途中、病院に行くことがありました

普段の会話もわからない部分がたくさんあるのに、医療用語は全くわかりません

なので、英語を話せるお医者さんがいるところを探しました

そして、問題は医療費のこと

通院保険には入ってこなかったというので、どれぐらい高いかわかりません

(よく海外で1週間入院で自費だと数百万と言うのが頭をよぎりました)

そこで、直接病院に電話をして私が聞いて把握している症状を伝え

10割負担なら初診料はいくらになるか聞きました

行って問診をしてもらった時点で、検査が必要であるとわかったので

検査料と薬代でいくらになるか試算してもらってから検査を受けました

その病院はお医者さんもスタッフも英語ができたので安心でした

そして、請求も高くはありませんでした

身分証明のためにパスポートの提示を求められ、コピーをとられました



そういえば、息子くんが我が家にホームステイをしていたときもお医者さんに

連れて行きましたが、そこのお医者さんは英語が堪能でした

(息子くん、アメリカでは医療費が高いのでめったなことでは病院に行かないらしく

 初めはかなり拒まれました)



外国人をお預かりしているときには医療の問題も頭の片隅に入れておかなければ

なりません



長い「お・も・て・な・し?」記事へのおつきあい、ありがとうございました
nice!(12)  コメント(5) 

河口湖へ③ [お・も・て・な・し?]

昨夜はSMAPxSMAP最終回を観ていました

「世界に一つだけの花」が終わって深々とおじぎをした5人

それぞれが一体どんな気持ちでおじぎをしているのかと思うと緞帳が下りていく間

涙がこぼれました

子どもたちは生まれたときからSMAPが既にいて運動会などでも曲が使われ

大きくなってからも毎週SMAPxSMAPを観て育ってきました

子どもからお年寄りまでに大人気のまさに国民的なグループ


何とかならなかったものかと本当に残念です








河口湖の続きです・・・

朝起きて窓の外を見た瞬間彼女は

”Fujisan disappeared!!"(富士山が消えた)と叫びました

DSC_9389 (400x300).jpg

ああ、残念~


食事前にお風呂に入りに行きました

大浴場もすっかり慣れた彼女です



お楽しみの朝食は、お食事処でいただきました

DSC_9390 (400x300).jpg


DSC_9391 (400x300).jpg


DSC_9394 (400x300).jpg


DSC_9395 (400x300).jpg


DSC_9396 (400x300).jpg


今朝は水面がきれいです

お天気が良ければ逆さ富士が映るのではないでしょうか

DSC_9399 (400x300).jpg


DSC_9400 (400x300).jpg


DSC_9401 (400x300).jpg


DSC_9402 (400x300).jpg


DSC_9403 (400x300).jpg


食べていると、女将さんが英語で話しかけて来られて

昨日のサプライズのときの写真をプレゼントして下さいました

写真は、紙製の額に入っていてふちには手書きのメッセージが書かれていました

予備にいただいたもう一枚は私がいただきました

本当に素敵なおもてなしだと思いました



食事の後は、再びラウンジでコーヒー(無料)をいただきながら富士山を見ました

DSC_9405 (400x300).jpg


DSC_9407 (300x400).jpg


DSC_9409 (400x300).jpg


DSC_9410 (400x300).jpg



お部屋からの眺め、再び

DSC_9412 (400x300).jpg


DSC_9415 (400x300).jpg



着替えてお散歩に行きました

彼女は「このホテルは本当に気に入ったので、次回もぜひ泊まりたい

そして、今度は2泊して1日はこの湖の周辺の観光をしたい」と言いました



こちらがお宿の温泉です

上の階が女性用です

DSC_9416 (300x400).jpg


DSC_9418 (300x400).jpg


湖畔をてくてく歩きます

DSC_9419 (400x300).jpg


DSC_9420 (400x300).jpg


DSC_9422 (400x300).jpg


DSC_9423 (400x300).jpg


DSC_9425 (400x300).jpg


DSC_9426 (400x300).jpg


DSC_9427 (400x300).jpg


アメリカの人ってすぐに誰かに話しかけるイメージなのですが

お散歩中の彼女、ひとりで写真を撮っている白人女性に声をかけました

二人はあっという間に打ち解けて話し続けました

その方は、オランダから一人旅で富士山に来た女性でした

日本に来る前にネパールに寄ってきて、ネパール人はシャイなので

道を尋ねるために話しかけると逃げられたけど、日本人は英語がわからなくても

助けてあげようという姿勢がよくわかった

日本人は礼儀正しく親切だと言い、彼女もウンウンと聞いていました

そして彼女はオランダ人女性に「ドラッグストアに行くといいよ」と

日本のドラッグストアのすばらしさを力説しているのを聞いて思わず笑ってしまいました

外国人同士で話す日本の評価を聞いているのは実に面白かったです



11時のチェックアウトに間に合うようにお宿に戻り車に乗り、河口湖駅で

高速バスに乗りました

DSC_9431 (400x300).jpg


DSC_9437 (400x300).jpg


DSC_9440 (400x300).jpg


DSC_9444 (400x300).jpg


DSC_9447 (300x400).jpg


DSC_9450 (400x300).jpg


****************************************
ここからは、おまけで息子に借りたデジカメで撮った画像です

デジカメの出番がほとんどなかったです(携帯で充分?)

IMG_1334 (400x300).jpg


IMG_1336 (400x300).jpg


IMG_1337 (400x300).jpg


IMG_1338 (400x300).jpg


IMG_1339 (400x300).jpg


IMG_1341 (400x300).jpg


IMG_1342 (400x300).jpg


IMG_1343 (400x300).jpg


IMG_1344 (400x300).jpg


IMG_1345 (400x300).jpg


IMG_1346 (400x300).jpg


IMG_1349 (400x300).jpg


IMG_1350 (400x300).jpg


IMG_1351 (400x300).jpg


IMG_1352 (400x300).jpg


IMG_1353 (400x300).jpg


****************************************



新大阪から大阪駅に移動して、大丸のポケモンセンターに行きました

ここでも色々お買い上げ~

地下で和菓子を見た後は、ベビーモンシェールで堂島ロールの細いのを買いました

街中に流れるクリスマスソングを聞きながら

「アメリカよりクリスマスソングが流れてるね」と言われました

日本の場合は・・・商売上の戦略かと・・・(笑)




帰った瞬間”Home.Home~!!”とすっかり我が家に慣れた様子でうれしかったです

この日は最後の夜なので日本酒「獺祭スパークリング」と「福寿」と

ワインをあけて家で食事をしました

DSC_9451 (400x300).jpg



そして、荷造り

持てるの?というぐらい重い荷物になりました

空港でも買い物をするのでもうひとつスーツケースを買うと言いました(笑)

nice!(17)  コメント(10) 

河口湖へ② [お・も・て・な・し?]

お部屋からの富士山を満喫した後はお散歩に出かけました

ホテルの外観です

DSC_9323 (400x300).jpg


ホテルのすぐ前は河口湖、その奥に富士山があります

DSC_9326 (400x300).jpg


DSC_9327 (400x300).jpg


DSC_9328 (400x300).jpg


DSC_9329 (400x300).jpg


DSC_9331 (400x300).jpg


DSC_9332 (400x300).jpg


DSC_9333 (400x300).jpg


1481253518051 (400x300).jpg


1481253530708 (300x400).jpg


再びお宿に戻って館内から富士山を眺めてみました

マッサージチェアが並ぶスペースもあったのでくつろぎながら見られます

DSC_9341 (300x400).jpg


DSC_9342 (400x300).jpg


DSC_9344 (400x300).jpg


DSC_9346 (400x300).jpg


DSC_9347 (300x400).jpg


DSC_9350 (300x400).jpg


DSC_9354 (300x400).jpgDSC_9358 (300x400).jpg


ラウンジからも見られます

昼間は置かれているドリンクを無料でいただけます

DSC_9360 (400x300).jpg


DSC_9361 (400x300).jpg


DSC_9359 (400x300).jpg


DSC_9362 (400x300).jpg


DSC_9363 (400x300).jpg


DSC_9364 (400x300).jpg


DSC_9365 (400x300).jpg


ライブラリーもあります

DSC_9367 (300x400).jpg


富士山を楽しむための工夫をされた良いお宿です

サービスはたくさんあるけれど、お好きなところでゆったり富士山を楽しんでという

程よい距離感があると思います




食事の前に温泉に入りました

大浴場も大きなガラス越しに富士山が見え、露天風呂もゆったりしていました

女性用のお風呂は男性用の上の階にあり、入れ替えはありません



お楽しみの夕食です

DSC_9368 (400x300).jpg


DSC_9369 (400x300).jpg


DSC_9370 (400x300).jpg


DSC_9372 (300x400).jpg


名物のしゃぶしゃぶは牛肉と豚肉をダブルで楽しめます

DSC_9375 (400x300).jpg


DSC_9376 (300x400).jpg


DSC_9377 (300x400).jpg


実は、食事中にサプライズがありました

こちらのお宿は予約時に、今回の宿泊に何かの記念日とかお祝いなどがあるかを

聞かれました

そこで、初来日であることともうすぐ彼女のお誕生日があることを伝えていましたが

すっかり忘れていました



お部屋のドアをトントンとたたく音がしたので、次のお料理かと思って見ると

”Congratulations!!"という声がして男女が入ってきました

女性は富士山の帽子をかぶっています(笑)

あまりのサプライズに彼女は大笑い

くす玉を持っていて「これを引っ張って下さい」と言われて彼女が引っ張ると

「祝おめでとう!!」という文字が現れました

そして写真撮影とプレゼントをいただきました


とても盛り上がったサプライズです

この時のスタッフさんも英語が話せました



デザートは「ゆっくりくつろいでください」と窓際に置いてくださいました

DSC_9378 (300x400).jpg


DSC_9386 (400x300).jpg



夜は、ラウンジに行きカクテルを飲みました(お酒は有料)

DSC_9388 (300x400).jpg


nice!(14)  コメント(4) 

河口湖へ① [お・も・て・な・し?]

普段見ないドラマを見ていたらエンドロールに昔息子がお世話になっていた

知り合いの名前が出てきてびっくりしました




電車を乗り継いで新神戸に向かいました

駅の窓口は長蛇の列なのに窓口の駅員さんは3人

なかなか前に進まず、切符を買ってからダッシュでホームに駆け上がり

ギリギリセーフで新幹線に乗り込みました




途中名古屋で乗り換えて向かうのは三島駅です

この日は、朝は晴れていましたが夕方からは曇り、翌日は雨の予報でしたから

一刻も早く現地に着きたかったのです

事前に調べた情報によると、新富士駅の手前、新富士駅から富士山が見えるとの

ことでしたので、進行方向に向かって左側の席をとりました



この旅行は彼女のたっての願い「富士山を見たい」というのを叶えるべく

考えたものなので、富士山が見えた瞬間彼女は狂喜乱舞しました

DSC_9236 (400x300).jpg


DSC_9237 (400x300).jpg


DSC_9242 (400x300).jpg


DSC_9242 (400x300).jpg


DSC_9243 (400x300).jpg


DSC_9245 (400x300).jpg


DSC_9246 (400x300).jpg


DSC_9248 (400x300).jpg


DSC_9249 (400x300).jpg

何とか一目見られただけでも、私の肩の荷はおりました



来日前に福島沖で地震が起きて「日本に行くのをやめる」と言い出した彼女ですが

来日してからも「また地震が来たら富士山に行くのをやめる」と言い

どうしてそんなに怖がるのかと地震慣れした私は不思議で仕方がなかったのですが

三島駅に降り立った瞬間

「地図で見ると大阪と富士山は近いけど、本当は遠かったのね

 地震が起こると富士山が噴火すると思って怖かった」と言われ大笑い

確かに広大なアメリカからすると日本は小さいので地図上では隣町ぐらいの

感覚でいたのかもしれません



そんな誤解を解いた後は、お昼のサンドイッチを買って高速バスに乗ります

DSC_9256 (400x300).jpg


車窓から富士山が見えてきました

DSC_9265 (400x300).jpg


DSC_9266 (400x300).jpg


河口湖駅に到着しました

とてもかわいい駅でした

欧米からのお客様もたくさん見かけました

DSC_9269 (400x300).jpg


DSC_9270 (400x300).jpg


DSC_9273 (400x300).jpg

ここでホテルからのお迎えを待ちました


DSC_9277 (400x300).jpg


DSC_9280 (400x300).jpg


DSC_9281 (400x300).jpg


DSC_9282 (400x300).jpg


DSC_9283 (400x300).jpg


DSC_9288 (400x300).jpg


DSC_9289 (400x300).jpg


有馬温泉から6時間かかって到着したお宿は「湖山亭 うぶや」です

お風呂はもちろん全室から富士山を望めます

チェックインはゆったりした雰囲気の中行われます

DSC_9290 (400x300).jpg


DSC_9294 (400x300).jpg


DSC_9295 (400x300).jpg


DSC_9296 (400x300).jpg


お部屋に入ったら感嘆の声が出ました

素晴らしい眺めです

DSC_9297 (400x300).jpg


DSC_9299 (400x304).jpg


DSC_9300 (400x300).jpg


DSC_9301 (400x300).jpg


DSC_9302 (400x300).jpg


DSC_9303 (400x300).jpg


DSC_9304 (400x300).jpg


DSC_9305 (400x300).jpg


DSC_9306 (400x300).jpg


案内をしてくださった男性は流ちょうな英語を話されました

富士山を見るために作られた窓際のソファーのコーナーは床暖がついていて

ゆったりと富士山を鑑賞できるようになっています

こちらにお茶を置いてくださいました

DSC_9307 (400x300).jpg


DSC_9310 (400x300).jpg


DSC_9311 (400x300).jpg


DSC_9313 (400x300).jpg


DSC_9320 (400x300).jpg


DSC_9322 (400x300).jpg

美しい眺めです

曇っていたのが残念ではありましたが、神々しさを感じました

やはり、富士山は特別な山なのだと思いました



「富士山が見える宿」で検索して、伊豆や箱根なども考えましたが

より近いところの方が見られる確率が高くなると思い、こちらのお宿を選びましたが

正解だったと思いました



洗面所や食器のコーナーも雰囲気が良かったです

DSC_9314 (300x400).jpg


DSC_9316 (300x400).jpg


DSC_9319 (300x400).jpg


DSC_9318 (300x400).jpg


DSC_9317 (400x300).jpg



お部屋からの富士山を満喫した後はお散歩ですが、それはまた明日です


nice!(12)  コメント(6) 

有馬温泉から・・・ [お・も・て・な・し?]

糸魚川の火災、携帯の速報で知ったのですが

あまりの大火に目を疑いました

年末年始を迎えるこの時期にたくさんの方が家も家財も無くされたと思うと

胸が痛みます

心よりお見舞い申し上げます





朝から露天風呂で温まった後は、お部屋で朝食タイムです

たくさん並んでいたので上からとってみました

DSC_9228 (400x300).jpg

ご飯は白ご飯(だったかな?)とお粥2種から、卵は焼き方

魚は種類が選べました

お料理の美味しい旅館でした

ただ、ひとつ厳しいことを言わせていただくと

英語を話せるスタッフが少ない(私たちが宿泊したときはいらっしゃらなかったかも)

ことでした

お料理も施設も良いのですから、これだけ海外からのお客様が増えているのですから

英語を話せる人は必要だと思います



さてさて、夜は見られなかった景色をちょっと見てみました

ロビーから

DSC_9230 (400x300).jpg


DSC_9231 (400x300).jpg



お庭には

1481253290515 (400x300).jpg


1481253293987 (400x300).jpg


1481253306465 (300x400).jpg


1481253311412 (300x400).jpg

たくさんの鯉がいて日本らしい感じがしました


玄関は上品で落ち着いた感じです

1481253331000 (300x400).jpg


車で有馬温泉駅まで送っていただきましたが、彼女に

「日本の良い旅館ではお客様の姿が見えなくなるまで手を振るのよ」と教えると

感心していました



神戸電鉄有馬線のちょっとこぶりでレトロな電車を見た彼女は

「かわいい~」と喜んでいました

座席もかわいかったです

DSC_9233 (400x300).jpg


DSC_9235 (300x400).jpg



はてさて、私たちはどこへ向かうでしょうか。。。お楽しみに



nice!(11)  コメント(4) 

有馬温泉へ [お・も・て・な・し?]

夜景を見た後は、猪が出て来そうな道を通って有馬温泉に向かいました

車から降りてちょこっとだけ歩いてみました

DSC_9195 (400x300).jpg


DSC_9196 (400x300).jpg


DSC_9197 (300x400).jpg


確か、この辺りに「Coffee&Beer」と書かれたバーがあり

難波でもそんなお店があったので、彼女が

「その組み合わせはヘン。日本は面白い!!」と言いました

私などは見ても気付きもしないポイントをグイグイ突いてきます


その後、あわただしくチェックインしました

この日の宿泊は、昔から泊まってみたかった「欽山」です

DSC_9199 (400x300).jpg


DSC_9200 (400x300).jpg


DSC_9201 (400x300).jpg

ベッドがないので「どこに寝るの?」と聞かれました(笑)

そういう疑問を持つのねと面白かったです




「食事の前にお風呂に入りましょう」と浴衣の着方を教えて

お風呂のマナーも伝えました

「パスポートや財布をセーティボックスに入れましょうか?」と聞いたら

「大丈夫」というので不思議に思いました


私がお風呂の準備をしていると彼女は消えました

トイレかと思っていたら、何やらシャワーの音が聞こえます

うっそ~~[がく~(落胆した顔)]

お部屋のお風呂に入っているというまさかの展開にひとり苦笑いです

まっ、いいか。。。夜は長いです



お待ちかねの夕食です(お部屋食)

日本は初めてで、もちろん和風の旅館も初めて全てに目をキラキラさせていました

DSC_9204 (400x300).jpg


DSC_9208 (300x400).jpg


DSC_9209 (300x400).jpg


DSC_9211 (400x300).jpg


DSC_9212 (400x300).jpg


DSC_9213 (300x400).jpg


DSC_9214 (400x300).jpg


DSC_9215 (400x300).jpg


DSC_9216 (400x300).jpg


DSC_9217 (400x300).jpg


DSC_9218 (300x400).jpg


よく食べました

この日も日本酒を飲みました

和牛のせいろ蒸しは美味しくてとても喜んでいました



その後、係の方がお布団を敷きに来られた時もじーっと観察(笑)


そして、夜には冷蔵庫にオレンジのゼリーが入れられていました


夕食後には大浴場に行きました

こちらの旅館には金泉だけしかありませんでしたが、金泉の説明をして

タオルが変色することなども伝えました

そして、お風呂上りにバーに行きました

DSC_9219 (300x400).jpg


時差ボケもなくなり布団生活にも慣れた彼女はよく眠りました

翌朝は、男女入れ替えになった大浴場に行き再び温まりました










nice!(15)  コメント(4) 

神戸へ② [お・も・て・な・し?]

お腹を満たしたあとは、ハーバーランドに向かいました


アンパンマンのパン屋さんを見つけてあまりにも美味しそうだったので

写真を撮ったらサンプルでした(苦笑)

リアルだったわ~(まだ言う?)

DSC_9160 (300x400).jpg



「こっちは本物っぽいよ」と信じて疑わない彼女でしたが、火が偽物でした(笑)

DSC_9163 (400x300).jpg



天気が良いので、船に乗ってみましょう(コンチェルト)

DSC_9164 (400x300).jpg


DSC_9166 (300x400).jpg


しばらくはデッキで景色を楽しみました


DSC_9167 (400x300).jpg


DSC_9168 (400x300).jpg


どこの飛行機でしょう?

DSC_9170 (400x300).jpg


DSC_9172 (300x400).jpg


明石海峡大橋も見えたので、地図を出して説明しました

DSC_9174 (400x300).jpg

ちょっと寒くなってきたので客室に入ります

生演奏があり、クリスマスソングが歌われていましたが

なぜかそのヴァイオリニストが最後の方に景色の案内までされていて彼女が

「なぜ彼女が説明するの?」と突っ込みをいれていました(笑)

なかなか鋭いです

DSC_9176 (400x300).jpg


DSC_9179 (400x300).jpg


DSC_9180 (400x300).jpg


DSC_9183 (400x300).jpg


DSC_9185 (400x300).jpg



船を下りるとすっかり寒くなっていました

モザイクでウルトラマンを発見しました

DSC_9186 (400x300).jpg


モザイクでもお買い物をしました(笑)


そして、見せたかったもの・・・

神戸の夜景です

実は、私も展望台から見たのは初めてです

「華麗なる一族」以降、いつかはゆっくり見たかった夜景です

隣に商社マンっぽいおじさまがいて英語で彼女に説明して下さいました

DSC_9187 (400x300).jpg


DSC_9189 (400x300).jpg


DSC_9190 (400x300).jpg


DSC_9191 (400x300).jpg


DSC_9193 (400x300).jpg


彼女も、この景色には本当に感動してくれました

寒いので空気が澄んでいて良かったです

私ももちろん大きな感動でした

本当に美しい~~[ぴかぴか(新しい)]
nice!(19)  コメント(6) 

神戸へ① [お・も・て・な・し?]

4日目は、朝から電車に乗って神戸に出かけました

大の日本酒好きの彼女、アメリカのレストランで注文すると100ドルぐらいするから・・・

って、どんだけ高級レストラン!?

一升瓶かな(それなはい)


来日前のやりとりで、行く場所の提案の中で、すごく喜ばれた酒蔵へGO!!

まずは菊正宗酒造記念館です

DSC_9151 (400x300).jpg

朝の早い時間だったため、他にお客様もなく英語を話しているのを知った

スタッフの方が「酒造りのDVDの英語版がありますが」と声をかけてくださいました

観終わったときに、彼女は大吟醸にするお米はどうやってグラインドするのかと

私に尋ねてきました(汗)

そこで、スタッフさんを呼んで説明をしていただいたのを、たどたどしい英語で

伝えました


そして、試飲をして彼女はいくつか買っていました




ここで、車を出してくれるお友達登場~


二軒目はすぐそばですが、白鶴酒造資料館に行きました

DSC_9155 (400x300).jpg

こちらでは試飲のあと、日本酒ソフトクリームを食べて化粧品やお酒を買いました

5400円以上(税込)だったので、その場で免税になりました

この後、持ち歩くということも考えず・・・(涙)



そして、お昼は100円ではない回転寿司に行きました

DSC_9157 (400x300).jpg


DSC_9158 (400x300).jpg


DSC_9159 (400x300).jpg


アメリカにも回転寿司はあるそうですが、入ったことはなかったそうで

珍しそうに写真を撮っていました


本当はもっと食べたかったのですが、夜に差し支えるといけないので

ちょっと控えめにいただきました



こちらのお店で駐車券を忘れて駐車場に行ってしまって機械の前で探していたら

店員さんが走って届けに来て下さり、それを見た彼女は

「日本人はなんて親切なの!?」と感動していました






To be continued…





nice!(13)  コメント(4) 

京都へ [お・も・て・な・し?]

3日目は京都に行きました

ちょっと事情があり出遅れたので、行けたのは八坂神社から清水寺で終わりです

阪急の四条河原町からてくてく歩きます

DSC_9121 (400x300).jpg

八坂神社にたどり着く前に

「ヨーコさん、お腹すいた」と言われました(笑)

では、うどんを食べましょう

DSC_9122 (300x400).jpg

おあげさんを不思議そうに見ているので半分あげたら美味しいと喜んでいました

周りは外国人のお客様ばかりでした

私がトイレに行っている間に、彼女はお会計を済ませてくれていました

とてもスマートです






では、また歩きましょう

DSC_9125 (300x400).jpg


DSC_9127 (300x400).jpg

写真ではわかりませんが、産寧坂では進むのが困難なぐらいの人混みでした

土日に来ていたらさらに恐ろしいことになっていたことでしょう

何度も「まだ着かない?」「あとどれぐらい歩く?」と子供のようなことを

聞かれました

普段、広いアメリカでは車しか使わないので歩くことがないようです



なんとかかんとか清水の舞台に到着しました

DSC_9128 (400x300).jpg


DSC_9130 (300x400).jpg



DSC_9140 (300x400).jpg


「こんなに歩くのならお寺はもういい」と言われました

もっと平坦なところに行くべきだったかもです



帰り道はタクシーに乗りました(笑)



そして、大阪に戻って待ち合わせ時間まで阪急のデパ地下に行きました

「人ってこんなに目がキラキラ輝くのね」というのを発見しました

スィーツやお惣菜、お弁当やお寿司コーナーなどを見たのですが

「アメリカよりずっと安い」

「美しすぎる」

「こんなに少量ずつ買えるのなら私は毎日仕事帰りに買いたい」と叫び

「ここに住みたい」とまで言われました(爆)

「ダメですよ~、夜になったら追い出されますから」(/。\)



「はい、行きますよ~」と言うと後ろ髪を引かれる思いだったみたいですが

次の予定があります



この日は、彼女の息子くんが日本に滞在していた時の別のホストマザーと

食事会でした

私も含め、ホストマザーは3人いたのですが、もうお一人は都合が合わず残念でした



行ったのは、東梅田の「えん」という居酒屋さんです

掘りごたつでのんびりできました

DSC_9141 (400x300).jpg


DSC_9144 (300x400).jpg


DSC_9145 (400x300).jpg


DSC_9146 (400x296).jpg


DSC_9147 (400x300).jpg


DSC_9148 (300x400).jpg


お二人は流ちょうな英語でやりとりをされていたので

私はしばし休憩~


こちらのお店は、お酒もたくさん揃っていてお料理も良かったです

是非、また行ってみたいお店です



お友達は、この日も日本酒の飲み比べをしていました

日本に来たのですから色んな日本酒を楽しんでもらえてよかったです
nice!(18)  コメント(8) 

お買い物DAY [お・も・て・な・し?]

2日目は、京都に行こうと思っていましたが

雨の予報だったので、予定を入れ替えてお買い物DAYにしました



まずは、近所のスーパーへ行きました

さらっと10分ぐらい回って帰ろうと思っていたのですが

食品コーナーだけでまさかの1時間半滞在となりカゴがいっぱいになりました

すき焼き用やステーキ肉のバック詰の美しさや少量であることに感嘆し

お刺身やお寿司や焼きたてパンの種類の多さ

当たり前ですが日本の調味料の豊富さや安さにも驚き

得体の知れないものに関しては「これはどうやって使う?」とか

「このままで食べられる?」と聞かれました

車生活の人にとって歩いてスーパーに行けるのはうらやましいみたいで

地元民の生活を見るのは楽しかったようです




その後は、鶴橋のコリアタウンを散策

キラキラしたものやキムチに目を輝かせていました


ちょっと小腹がすいたので「ロックヴィラ」のキムチサンドをほおばりました

DSC_9116 (400x300).jpg



お腹を満たした後は、道具屋筋に向かいました

途中、アーケードのお店にキョロキョロ

パチンコ屋さんの多さに大笑いでした

日本食好きの彼女は陶板焼きセットがほしかったみたいですが見つからず

残念でしたが、お箸などを購入されていました


その後、難波に移動してドラッグストアに入りました

欲しいと言われていたものを予めリストにしておいたのでそれを元に

一気に買いました

(ドラッグストアでは、いったん支払った後に免税カウンターで払い戻しがありました

 出国まではその袋は開封することは許されていません

 税関で、パスポートにとめられた免税書類と商品を見せるのかと思っていましたが

 実際は、商品は袋ごとスーツケースに入れたり、袋をそのまま航空会社のチェックイン

 カウンターで預けることができたようです)



この一日でほぼお買い物は終わりました



そして、夕食は再び前日のNさんと合流し串カツを食べに行きました

DSC_9117 (400x300).jpg


目の前で板前さんが揚げてくれる姿を見て感動し

初めて食べる串カツを1本食べるたびに「これは何?」「美味しい!」と声を上げ

それはそれは喜んでくれました


めでたしめでたし
nice!(13)  コメント(4) 
前の10件 | - お・も・て・な・し? ブログトップ
メッセージを送る