So-net無料ブログ作成

誕生日プレゼント [子育て]

昨日は一日がかりでイラストレーターを使ってチラシを作っていました

最後、保存をして帰ろうと思ったら「メモリが不足しています」と出て

印刷も保存もできなくなりました

「なんで今なん???」"(-""-)"とパソコンに聞いてみましたが

答えてくれるはずもなく、諦めて電源を切りました

・・・脱力・・・

途中で数回保存はしたはずなので全部が消えていないことを祈ります

そして、何かで読んだのですが

「やり直しは3倍(?)の速さでできる」という言葉を信じて

保存できていないところは頑張りますっ!!










先日、息子から「明日、飯食いに行ってもいい?」とLineが来ました

翌日は、娘がいなかったのでふたりごはんです

今度は地方研修で、1ヶ月転々とホテル暮らしになるので出かける前に

顔を見せてくれたようです

ホテル暮らしも長くなると疲れるでしょうね





直前にヘルシー料理を頼まれましたが、時既に遅し・・・

トマト煮込みはある程度食べたらリゾットにしようと思ったのですが

「さすがにそこまでは食べられへん」と拒否されました(笑)




美味しいトマトでチキンカラヒ(パキスタン料理)です

DSC_5054 (300x400).jpg

その後に、ストウブで鶏肉・ソーセージやたくさんの野菜のトマト煮込みを

作りました

ストウブで煮ると、お肉は柔らかく、野菜は濃い味になります




後は、ひじきの煮物・冬瓜と桜エビの煮物・美味しいトマト中心のサラダ

海老と胡瓜のサラダ・ゴマ豆腐・アスパラとベーコン炒めなど

DSC_5055 (400x300).jpg


DSC_5056 (400x300).jpg

全体像はこんな感じでした

DSC_5057 (400x300).jpg


買っておいた誕生日プレゼント(ペンケース)を渡して、色んな話をしました



びっくりしたのは

「場所柄、昼食が1000円ぐらいするから毎日お弁当を作って行ってる」と言うので

「私よりエライ」と思いました(笑)

そういえば、高校・大学時代もよく自分でお弁当を作っていました

中学の時に私がブチ切れて自分で作らせたのが役立っています(悪い母、笑)

Yシャツのアイロンも自分でしているそうです

「すごいね」と言うと

「何言うてるん?高校の時も自分であててたし( ̄^ ̄)」と言われました

都合の悪いことは忘れる母

そして、私、母の役割果たしてなったのかもね(笑)





広島土産をくれました

DSC_5058 (300x400).jpg

・・・が、見事に粉砕されていました

袋から出したらさらに粉々になりました   ナニコレ?"(-""-)"



靴を履きながら

「何か(その地方で)有名なもので欲しいものがあったら考えといて」と

言い残して去って行きました

いつも、玄関が何かを告げる場所なのかしら(笑)

男の子の照れ隠しですね


元気に行ってらっしゃい!


nice!(23)  コメント(7) 

初任給で・・・ [子育て]

息子はバッグから紅茶を出した後、さらにバッグをごそごそ

「はい、これっ!」とくれたのは、エノテカの紙袋に入った赤ワインでした

DSC_3870 (300x400).jpg

約束通り、初任給で買ってくれたのはお酒でありました[わーい(嬉しい顔)]

もったいなくて飲めないわぁ~[あせあせ(飛び散る汗)]

それとも、息子のアドバイス通り、飲んでボトルだけ置いておこうかしら



私も遠い昔、父には洋酒、母には財布をあげた記憶があります





今は英会話メンバーであり私の信頼する友人でもあり、息子の恩師でもある方から

息子宛に就職祝いをいただいていました


息子に「ちゃんとお礼状を書きなさいよ」と言うと

おもむろに、バッグの中から小さなレターセットを出してきました

(ドラえもんのポケットか~!?(笑))



「いただいたペンが似合う社会人に一日も早くなれるように頑張ります」というお礼と

恩師の身体をいたわる文章をさらっと書いて「渡しておいて」と頼まれました

私の何倍も筆まめだと思い息子の意外な面を見ました

いや、新入社員研修で手紙の書き方も習ったと言っていたので

早速実践しているのかもしれません



社会人としてのマナーも身につけ、周りの方にかわいがっていただいて

人を大切にしながら羽ばたいていってほしいと願っています

nice!(30)  コメント(14) 

お帰りなさい [子育て]

少し前に書いていた記事ですが


今日は、内容が・・・なので、お食事中の方は見ないで下さいね[たらーっ(汗)]




息子が新入社員研修から帰国した数日後に我が家にやってきました


娘が頼んでいたお土産は紅茶だったので、買ってきてくれました

DSC_3871 (300x400).jpg


DSC_3872 (300x400).jpg



研修先はインドでした[あせあせ(飛び散る汗)]


インドといえば、お腹を壊すので有名な国ですが

息子が行っている間

「どうして他にも衛生状態がよろしくない国があるのにインドは行った人がみんな

 大変な思いをするのだろう」と不思議でならず、ずっと理由を考えていました



研修終了間近の日に、Lineで「生きてる?」と送りました

すると「3日目からずっと下痢」と返事が返ってきました[たらーっ(汗)]

やはり・・・と思いました

結局トータルで二週間ぐらいは下痢続きだったようです

それでも、もっとひどい症状(上から下からとか、発熱)の人が多く

全員インドの洗礼を受けたそうです[ふらふら]






食事をしながら、息子に状況を聞いてみました

(注;良い子の皆さんは食事中にこんな話はしないでね)


・水には気を付けて生野菜も食べなかったのにいきなり下した

・正露丸も効かない

・ビタミンを補給したかったけれど、生野菜も果物も怖くて食べられない

・日本出国時は20度以下だったのに現地は40度の灼熱で身体がついていかない


そして、最大の原因ではと思ったのはインド料理が想像以上に油っこいこと

「どの料理も油、浮いてるし!!消化できへんねん!」とのことでした


少し調子が良くなるとお腹がすく→食べてしまう→下す、の繰り返しだそうです

おかげで3㎏痩せて帰国したそうです(笑)




駐在員など長く滞在する人は免疫ができて

日本に帰国すると逆にお腹を壊すのだとか





私、色んな国に行ってみたいと思いますがインドは無理だと思います

滞在中にずっとトイレとお友達なんて辛すぎます[あせあせ(飛び散る汗)]






「野菜料理をお願い!」と言われていたので作ってみたのがこちらです

仕事から帰って1時間ちょっとで作ったので、バタバタしすぎて

オーブンの天板を入れる段を間違えて・・・まさかの日焼けサロンに[がく~(落胆した顔)]

DSC_3866 (300x400).jpg

真っ黒なのはスパニッシュオムレツです


ホイルに包んであるのは新じゃがです

DSC_3867 (300x400).jpg



全体像はこんな感じでした

DSC_3865 (300x400).jpg

・スパニッシュオムレツ

・サーモンとアボカドサラダ

・豚しゃぶの野菜あえ

・雪下人参・ナッツ・ツナサラダ

・新玉ねぎのおかかのせ

・長芋とオクラ

・スペアリブ

・大根とカラーピーマンのピクルス

など


美味しそうに食べてくれました



げっそりしているかと思いきや

現地では実践的な体験ができて同期のお仲間とも仲良くなれて

そんな様子をいきいきと楽しそうに話すのを聞いていてうれしく思いました



そして、帰る前に全部出して帰って行きました(オイ!!)

そんなあなたに「うんこ漢字ドリル」・・・

いい年してそんな話ばかりするのは、やーめーなさい!!

失礼しました[あせあせ(飛び散る汗)]
nice!(31)  コメント(14) 

親の気持ち [子育て]

本日は読み物です



数か月に一度お会いする年上の女性(Aさん)がいて

その方のお嬢さんは息子より年下ですが

留学に関しては先輩なので、Aさんに留学の話を聞かせていただいていました




我が家は庶民なので、中3で息子が留学をしたいと言い出した時

元夫は「私立に行くだけでも贅沢なのにそんなお金はない」と一喝しましたが

「その選択・・・面白そう!」フフフとほくそ笑んだのは私で

出産後すぐから爪に火を点して貯めてきた子供ちゃん貯金が

ちょうど満期になった(しかも娘用(笑))のと私のなけなしの貯金で

「行かせる代わりに結婚資金はないよ」


「留学できるからってお金持ちと勘違いしないでよ    あなたはクラスで一番貧乏なんだからね」

と言い聞かせて海外の公立高校に送り出したのでした





Aさんのところの留学はというと

全財産をかき集めた我が家のような庶民感覚とはかけ離れた

壮大なスケールとクオリティでした





そこから何年もの月日が流れ

長きに渡る留学を終えたお嬢さんが帰国後に

どんな職業に就かれるのか、とても興味がありました




そして先日、「あなたに会ったらお話しようと思っていたの」とAさんは

手ぐすね引いて私のことを待っていらっしゃいました




一言目がそれだったので何の話かな?と思い聞いてみたら

「娘ね、結婚しちゃったの~」と言われました




思わず両手を口に当て目を見開いて

「え~~、うっそ~~!?」と叫び

フラフラと後ろによろけると

「そうなるよね!アハハ!私も同じ反応をしましたよ」と仰いました



そして次に出た言葉が

「まんまとはめられたわ!」でした



「はめられた!」って・・・言う?(笑)


大阪人は、結構こういう場面で自虐的に笑いをとるのです




「はめられた」と言いながらも

「結婚式も行かせていただきましたわ」と

日本のように親の「色」と「力」と「お金」がにじみ出る華美な結婚式

というのではなく若い2人が考えて準備をしたささやかな式に招待されて

そっと見守って帰国されたという感じでした




これまでの「教育」に対する力の入れようを見ていて

ひょっとして反対されたのではないかと思いましたが

そんな考えもも一瞬で吹っ飛ぶぐらい

Aさんは本当にうれしそうに話されたので

私もうれしくなり、幸せのおすそ分けをいただきました




海外での学生結婚&国際結婚

日本には帰らないという選択

それはそれは、びっくりされたことと思います



日本での結婚と違い、海外なら結婚は1つの通過点

子供ができたらベビーシッターさんに頼むこともできるし

大学院の後は、きっと輝かしいキャリアを積まれることと思います




どんな状況にあっても、親の気持ちはひとつ

子どもがどこにいても心身ともに健康であってくれること

自分の思う道を歩んでいってくれることが親の幸せだと思います




私も・・・高校生だった息子を海外に行かせたときに心の片隅で

「国際結婚もありうるかも」と思いました





いつかそんな報告を受けたとしても、たぶん驚かない

いや、驚くでしょうけれどよほどのことがない限り反対はしないかな[手(チョキ)]


nice!(24)  コメント(10) 

行ってらっしゃい! [子育て]

本当はこの記事は昨日UPするつもりだったのですが

別の記事を入れてしまったので、内容が前後してしまいました

・・・少し前に書いていた記事です







社会人になる息子に、色々必要なものもあると思い

卒業が決まってご飯を食べに来た時に、残高がいくらかある学費用の通帳を渡しました

これからは、自分で貯めていってもらいましょう






入社早々新入社員全員が海外研修に出かけることを聞きました

行き先はバラバラ(TOEICの点数で振り分け)ですが、息子の研修先を聞いて




私、IKKOさん口調で「(私なら)ご遠慮~っ!」


娘は「そこは何美味しいものがあるん?」と息子に聞きました

何ともマイペースな娘ちゃんです(笑)




出発前に私からのプレゼントです

スーツケースに詰めて行って下さいませ


DSC_1213 (400x300).jpg


他にトイレットペーパーも持たせました(笑)



病気にならずに帰国しますように[exclamation×2]





息子はたぶん大丈夫だと思いますが

今どきの新入社員の子たち、帰国後に

「自分が思っていたのと違うので辞めます」って言わないでしょうか?

しかもLINE、スタンプ付きで(笑)






話は変わりますが、先日何年振りかで縮毛矯正をかけました

静電気&爆発頭からしばらく解放されます

そして別の日、

「寄せて上げてあらゆるところのお肉を巻き込んでね!」というメッセージとともに

「巨乳になるキャミソール」をいただきました

文明の利器(違う!)のある時代に生きていて良かったです(?)




今日は、エイプリルフール

英会話のメンバーと飲みに行きます



今日はどんな嘘をついてみようかなと思いましたが

「物言わぬ嘘」もあります



ストレートになって(白髪を染めた)黒髪と

ニセ巨乳で出かけます



郵便局に「人生 夢だらけ」というポスターが貼られていましたが・・・

本日のテーマは「人生 嘘だらけ」


物言わぬエイプリルフール、行ってみよう[わーい(嬉しい顔)]





nice!(27)  コメント(12) 

入社式前夜に [子育て]

昨日お昼休みに、入社式前日の息子とLINEでやりとりしていました

「たくさんの人に助けられて仕事をしていくのだから

 いつも周りの人に感謝することを忘れずに頑張って下さい」と書きました




仕事帰りに買い物に行こうと電車に乗っているときに

「あとで行くわ」とLINEが来ました

息子とはしばらく会えなくなるので会っておこうと思い引き返しました


「ご飯はあるから(←オヤジ作)野菜があれば下さい」と書かれていました

家に帰って20分ぐらいで野菜料理ばかり作りました

DSC_2629 (400x297).jpg



「野菜食べへんから食べるもんが偏るんよね」と言いながら

パクパク食べていました



大阪と東京で二度入社式をした後は、4ヶ月ほど研修で転々とするようです

卒業式で先生に「ほんと勉強できなかったけどキミの発想は面白くて好きだったよ」と

ほめてるんだかけなしてるんだかわからないことを言われたとか

他愛のない話をしながら、ふと

「何か用事があったのかな?」と思いましたがそれらしき話もなく

お皿を片付けてくれた後「じゃっ、忙しいから帰るわ」と席を立ちました



玄関のドアに手をかけた瞬間

「初任給で何か欲しいものある?
 
 …って、そんなにいっぱいもらえるわけじゃないから、買えるものはしれてるけど」

と言われ戸惑っていると

「じゃっ、にしとくわ!」と言うので

とっさに「何か残るものがいいわ」と答えました



息子は「飲んでもボトルが残るやん[ひらめき]と言って去って行きました(笑)



nice!(34)  コメント(15) 

卒業記念パーティー [子育て]

さて、卒業式が終わってバスに乗り込みました

バスの隣の席の方もおひとり参加だったので、一緒に回ることにしました

パーティー会場は明石海峡大橋のすぐそばにあるホテルでした

(ホテルも景色も夜の橋のライトアップもきれいでおすすめと聞いていたので

来月お友達と仕事帰りに宿泊を予定していて、その下見も兼ねて見て来ました)

DSC_2071 (400x300).jpg

パーティーが始まるまでに景色を楽しみます

DSC_1906 (400x300).jpg


DSC_1907 (400x300).jpg


DSC_1908 (400x300).jpg


DSC_1929 (300x400).jpg


DSC_1924 (400x300).jpg


DSC_1927 (400x300).jpg


座って楽しく談笑しました

DSC_1913 (400x300).jpg



卒業式に引き続き二度目の学長のご挨拶は英語で、途中でわからなくなりました(笑)

(卒業式はもっと理解不能な言語で行われ学生は笑っていましたが別会場の

 保護者はシーンと静まり返っていました

 ?§¶ΘΨЫΞÅ?(はぁ?)みたいな(苦笑))

DSC_1991 (400x300).jpg


DSC_1989 (400x300).jpg


乾杯の後は、美味しくいただきました

DSC_1982 (400x300).jpg


DSC_2001 (400x300).jpg


鉄板焼きや

DSC_2037 (400x300).jpg


DSC_2041 (300x400).jpg


明石焼きもありました

DSC_2052 (300x400).jpg



私の時代も、数年前に卒業した娘も卒業式の後は「謝恩会」という形で

先生方と学生だけの会でしたが

今回のパーティーは、大学入学のときに入会する会と同窓会主催で

入会するときに会費を払っているため、卒業する学生とその保護者も無料で参加できます

とてもありがたい思い出に残る最後の学校行事となりました



息子は大学の中庭で後ろ姿だけ見かけましたが、パーティーでは発見できませんでした

(「こっそり行くから」と言っておいたので「逆メラメラ」されても困るし)



パーティーを途中で失礼して、次は明石に向かいますが

その前に明石海峡大橋までお散歩をしてみましょう



nice!(32)  コメント(18) 

卒業式 [子育て]

先日の息子の卒業式ですが、やっと写真の整理ができましたのでUPします



その日、私は早朝から大学に向かい電車の中で小さい頃からのことを

思い出していました

とても(親にとっては)育てやすい小学生時代からうってかわって

中学時代は毎月私は学校から呼び出されました

ほとほと困っているときに救われたのは、年下の聡明なお友達から

「彼は反抗ではなく、実験をしてるのね。だって、同じ失敗はしないでしょう?」と

言われ、目からウロコが落ちる思いでした

そんな3年間を経て高校に入ると憑き物が落ちたみたいに普通に戻ったのでした


感傷に浸りながら息子に

「卒業おめでとう」とLINEをしたら



「遅刻した、今 駅」と返事が来ました

心の中で「なんでやねん」とハリセンを叩く音がしました


私はもう大学のすぐ近くまで来ていましたが、息子は駅から2時間かかります



メラメラしながら駅を降り立ちました

DSC_1754 (300x400).jpg

学校の前にある行列は何?と思ったら皆さん記念撮影中でした



小さな大学ですが、私は正門からの坂道の眺めが好きでした

DSC_1767 (400x300).jpg

坂の上から見ると・・・

DSC_1887 (400x300).jpg


DSC_1773 (400x300).jpg


DSC_1779 (300x400).jpg


DSC_1781 (400x300).jpg


入学式もそうでしたが、今回も保護者は講義室のスクリーンで式の様子を見ます

DSC_1788 (300x400).jpg


DSC_1792 (400x300).jpg


本人不在の式・・・はじまりはじまり

DSC_1796 (400x300).jpg



式の会場にいない学生も結構いて・・・

反抗期なん??と思いました


最後に教室でひとりひとりに学位記は授与されていました(ホッ)


中庭では

DSC_1826 (400x300).jpg


DSC_1867 (400x300).jpg

学生生活最後の一日を惜しむかのように卒業生が写真を撮っていました



私は、先に大学をあとにして

DSC_1881 (300x400).jpg


大学が用意して下さったバスでパーティー会場に向かいます

DSC_1880 (400x300).jpg





nice!(36)  コメント(18) 

今どきの・・・ [子育て]

昨日は皆様からのコメント、嬉しく拝見しました

皆様ありがとうございます。

卒業式とパーティーが終わり晴れやかな気分です

今、明石にいて夕食の待合せまでの休憩に図書館で座って入力中です




朝、感傷に浸りながら電車に乗っていて「卒業おめでとう」と

息子にLINEをしたら………



メラメラ、燃えました((怒))

それは後日また



以下は予約投稿用に書いていたものです

写真の整理ができたら卒業、パーティー、お散歩の記事に移ります






内定をいただいた息子ですが、ギリギリセーフで卒業もでき、もうすぐ入社です


同期入社の中で優秀な人が留年で入社できず(他人事ではなかったです)

LINEのグループから消えたそうです



スマホがあることが前提の世界

まるでバーチャルゲームからいなくなるかのようなお別れ・・・



アナログで生きてきた世代の私は、かなりの違和感を感じました



今どきの子供たち、パソコンや携帯のメールでは人づきあいができたとしても

実際会って言葉を掛け合って心を通わせる・・・

その当たり前のことができるのかなぁ、とちょっと心配になりました




ゲームやパソコン、携帯の中で育ってきた子供たち

社会に出ると嫌なことがあっても「リセット」ボタンで逃げることはできません



失敗を恐れることなく、リアルな「人間」と向かい合って

成長していってほしいと思います





柄が世界地図になった牛のぬいぐるみ

相次いで見つけました

DSC_1115 (300x400).jpg


DSC_1146 (300x400).jpg



nice!(21)  コメント(14) 

安堵 [子育て]

昨年からずっと卒業が危ういと言い続けていた息子

1回~3回生で留年するのはアリとして(アリなのか?)

就職が決まっていたので私はずっと胃が痛い日々でした

10月以降、会社に出向いて様々な行事に参加させていただいたり

課題をこなしたり、勤務地も決まり、多々ある書類を出し・・・という状況になり

「ここで留年になったら会社に多大な迷惑がかかってしまう」と思うと

最近は胃の痛さマックス

落ちても浪人がある大学入試よりハラハラした半年でした




卒業できるかどうかの発表はマラソンの翌日だったので

一緒に帰阪したときに「明日わかったらすぐに連絡してね」と言って別れました

寝る前に、天国の父と神様にお祈りしました



翌日の夕方「卒業できるみたい」と連絡がありました

ちょうど終業時間だったので安堵して力が抜けました



まわりはたくさん留年した人がいたみたいで

留年予備軍は留年を免れたみたいです

留年なんて考えられないゆるーい文系短大卒の私は

「容赦のない学校だわ」と思いました

「レポートで許してあげて~!!」とも思いました

だって、内定をこの段階で蹴られた会社は困るでしょうし

来年からはその会社からは内定者を出してもらえないのではないかと思います





長い間子育てをしてきて色んな爆弾を落とされましたが(笑)

親として浪人と留年は教育計画の中には入れていなかったので

ほんと色々あるわーと思いました



ビリでも何でも卒業すればOKです

とにかく子育て終了!!

美味しいお酒が飲めそうです[わーい(嬉しい顔)]
nice!(16)  コメント(10) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。