So-net無料ブログ作成

抜糸 [緑内障]

谷町四丁目の駅の近くにあるお蕎麦屋さん「守破離(しゅはり)」に行きました

rps20170627_140443.jpg


思いっきりぶれてます(。>д<)

rps20170627_140421.jpg


ねぎ天つけそば(880円だったような)

山葵はおろし金が付いていて、ねぎの天ぷらが山盛りでビックリしました

サクサクしてねぎが甘く感じられ、とても美味しかったです

ねぎの量に合わせて、お蕎麦を大盛にすれば良かったです(えっ笑)

rps20170627_140347.jpg





そして、その後は手術後初めての診察と抜糸でした

眼圧はやはり34もありました


先生は、次なる3つの手術の提案をされました

うち2つは今の病院でもできるのですが、それぞれのリスクを説明されると

こわすぎて食べたものが出そうになりました(すみません、汚くて)

もうひとつは、大学病院レベルでしかできませんと言われました

「まぶしいのと瞬きがつらいのを何とかしたいです」と言うと

「どうされます?行ってみます?」と軽いトーンで聞かれました



このまま同じ病院で手術を進めるよりも、高度な治療を受けられるところで

話を聞いてみた方がいいと思い「はい、行ってみます」と答えました

先生も「はい、わかりました。じゃあ、紹介状書きますね」と言われました



先生に義理立てするとか、どう思われるだろうとか考える間もなく

先生も実にさっぱりされていて、ちょっと意外でした

最近はセカンドオピニオンが主流になってきて

そういう雰囲気に変わったのでしょうか




こちらの病院はとても良かったです

手術そのものは成功しているわけですし、先生も良かったです

でも、違う世界に飛び込んでみましょう



またまた点眼の麻酔やら消毒をして、目に器具を装着されて抜糸をされましたが

やっぱり見えてるのって怖い~

「針でいいわ」とか言われたら

「えー、針を使うの???刺さる~!」とおびえてしまい目を閉じたら

「両目を開けてくれないとできませーん」と言われました

ヘンな汗が出た・・・




紹介状ができて、病院同士やりとりをしてもらい予約が取れました



次は、予想&希望通り最高レベルの技術を誇る病院になりました

良い病院との出会いも「運」「ご縁」だと思います

ありがとうございます、の気持ちでいっぱいです[exclamation×2]




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・‐

皆様、昨日は温かいコメントをありがとうございました

この記事は今週の出来事ですが、このあともう一回まさかの展開がありました

昨朝、白い巨塔に診察に来たら夕方までありとあらゆる検査が続き

そのまま緊急入院になりました(((((゜゜;)

またまた迷う暇もなかったにゃ

何一つ入院グッズも持ってないにゃ

人生ってビックリするようなことが起こるにゃ

夜に緊急手術も終わって既に身体は元気です(笑)

たくさんの専門の先生が揃っているので、必要な3人がすぐに相談して

特殊な術式を決めて下さり安心してお任せできました



しばらく休養させていただきますが、皆さん変わらず

お元気でいてくださいね(*´∇`*)


あ~、お腹がすく~ひもじい~(笑)

ご飯が全然足りませんブー(笑)




本日のバラ

P1040733 (1280x960) (400x300).jpg

nice!(28)  コメント(14) 

わらしべ長者的に・・・ [緑内障]

退院後は、普通にシャワーを浴びられるようになりましたが

いつもの癖で顔をゴシゴシ洗ってしまい何回も目に圧力をかけてしまいました

まだ、目玉おやじは縫ってあるので糸が当たって一瞬痛かったです(( ノД`)



今日は「まさかの展開」のお話です

入院中と退院直後の経過についてです



手術後、翌朝には眼圧は10台に下がりました

このままいけばいいなと思いました

が、その翌日から手術前の眼圧に戻りました[がく~(落胆した顔)]



瞳孔が開きっぱなしなので、瞳孔を縮める目薬を処方されましたが

余計に上がったのでまた減らされました



緑内障というのは非常に難しい病気で

同じ手術をしても効果の出る人と出ない人がいるようです

私も、虹彩切除の手術自体は成功しています

また、同じ目薬でも効く人と効かない人がいます

私はたくさんさしていますが抑えきれません



初め手術の2日後に退院になりそうになりましたが

シャンプーも洗顔も不可で眼圧も安定していないので

週明けまで入院させてもらえるようにお願いしました



結局、退院前も下がりはしませんでしたが

これから少し経過観察をして下がらなければ

もっと大掛かりな手術(角膜・水晶体)をすることになりそうです[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]

しかも、その手術は今の病院ではできないそうです[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]




「角膜ならiPSはどうですか?」と聞きましたが

「まだ一般に使うほどには至っていない」と言われました




でも、最初は町の眼科から大きな総合病院に紹介されて断られて

今の病院にたどり着いたので、そこから眼科では有名な阪大病院に行けたら

最高レベルの知識と技術が凝縮されているし、何か良いアイデアがあるかもしれません

そこでダメなら諦めもつくというものです



これって「わらしべ長者??」(笑)

それに、阪大病院ならレストランがリーガロイヤルホテルの運営で

すごく美味しいらしいので楽しみです(そこ???)



あっ、また脳ミソが暴走しました

阪大なんてひと言もいわれてないし・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]ケセラセラ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]


またまた、まな板の上のブタになりそうだブー



本日のバラ

P1040724 (1280x960) (400x300).jpg


nice!(29)  コメント(6) 

眼鏡を作る [緑内障]

新入社員研修で一ヶ月間北陸を転々としている息子に

「北陸はどう?」とLINEをしたら

「ご飯が美味しくていいわ」と返事が来ました

一緒に美味しそうな牡蠣や海鮮の写真が送られて来ました

牡蠣には1800円とか2000円という値札が見えましたがスルーしていると

「2000円の牡蠣でほっぺが落ちました」と続きが来て写真を拡大したら

お値段の上に小さく「1個」と書かれていました[がく~(落胆した顔)]



そりゃーほっぺも落ちるわっ[ダッシュ(走り出すさま)](思わず鼻息が荒くなったおかん)


「私なら1粒2000円の岩牡蠣より1杯2000円の海鮮丼を選ぶ」と

思いました(庶民の悪あがき)


「初ボーナスで金銭感覚が狂う新入社員の巻」でした[あせあせ(飛び散る汗)]

さぞかし豪勢なお土産を買ってきてくれるはず

・・・という期待はせずにおきます





新しい眼鏡を作りに行きました

以前の眼鏡は、白内障対策にUVカットで

外で太陽の光を浴びると真っ黒なサングラスになるスグレモノ!!

と思って数年間愛用していたのですが

今の私の目には、それが良くないことがわかりました



現在、私の目はまぶしくて瞬きもつらいぐらいなのです

それは角膜や水晶体が濁っているだけでなく

「瞳孔が開きっぱなし」という悲しい状況で

サングラスになることによって、よけいに瞳孔を開こうとしているみたいで

少しでも目に負担になるものは排除しようと、眼鏡も交換です



それにしても、自分ではいいと思ってやっていたことが

真逆だったとはがっかりですよ~[あせあせ(飛び散る汗)]



眼鏡受け取りまでの待ち時間を利用して、ひとり外食です

珍しく「中華の口」になったので、あんかけ焼きそばを注文しました

DSC_5496 (400x300).jpg

アルコールも解禁になっていたので小さなビールを注文しました


ビールも焼きそばも美味しかったです


元気に何でも食べられるのは幸せですね[わーい(嬉しい顔)]


ひとつは、通常の眼鏡

もうひとつは自宅のパソコン用にブルーライトカット眼鏡です

パソコン用は、普段外にはかけていけないようなPOPな眼鏡です(笑)

DSC_5498 (300x400).jpg

下のケースは友人からいただいたものです[わーい(嬉しい顔)]



本日のバラ

P1040701 (1280x960) (400x300).jpg

nice!(30)  コメント(20) 

見ず知らずの人からいただいた幸せ [ひとりごと]

先日、実家に帰ろうと大阪駅のホームに上がったところ

駅員さんが何かを配っていました

よく見ると「トワイライトエクスプレス瑞風」の旗でした

もうすぐ来るのなら見てみようと思って旗をいただきました

(この後、何度も「それはどこでもらえますか?」と聞かれました)


表はこんな感じで、高級感のある色です

DSC_5631 (400x300).jpg


裏は車体がのっています

DSC_5640 (300x400).jpg


端にも小さな文字でTWILIGHT EXPRESS MIZUKAZEと書かれています

(芸が細かいですね♪)

DSC_5647 (300x400).jpg



電光掲示板に現れました

DSC_5618 (400x300).jpg


DSC_5620 (400x300).jpg


うっ、私の乗りたかった電車に間に合いません

が、せっかくなので1本遅らせましょう



2年前に乗った旧トワイライトエクスプレスがあまりにも素敵だったので

トワイライトだけは特別な思い入れがあります

(でも新しいトワイライトは高級すぎて一生乗れないでしょう・・・)



だんだん人が増えてきて、トワイライトエクスプレス瑞風の登場です

DSC_5648 (300x400).jpg


DSC_5649 (300x400).jpg


DSC_5650 (300x400).jpg



停まったので見てみましょう

DSC_5651 (400x300).jpg


DSC_5678 (400x300).jpg


DSC_5708 (300x400).jpg


最後尾です

DSC_5792 (300x400).jpg


この展望車に乗れるのは一体どんな方なのでしょう???

DSC_5792 (300x400).jpg



では、歩いて先頭車両を目指します

DSC_5825 (400x300).jpg


バーでしょうか?着物を着た方が接客されるようです

DSC_5830 (400x300).jpg


DSC_5868 (400x300).jpg


中はあまりよく見えませんでしたが、見えた部分はかなり高級に見えました

さて、先頭車両は・・・

かなりの人混みでした

背が低いので、必死で手を伸ばしてもこんな感じでしか撮れません

DSC_6133 (300x400).jpg

すると、私の前にいたとても背の高い男性がチラチラと私を見て

「僕が撮ってあげましょうか?」と仰いました

お言葉に甘えてお任せしました


すると、こんな感じに撮れました

すごく高い位置からのショットになっていて驚きです

DSC_6138 (400x300).jpg


DSC_6142 (400x300).jpg

たくさん撮って下さって

「せっかくなので、その旗を持っているところも撮りましょうか?」と聞かれ

ホームでポーズをとった私も撮っていただきました



私・・・にわか鉄子になりました(笑)


それにしても自分の撮影を中断してまで聞いて下さる優しい鉄ちゃん

すごいですね!!



その日、夜遅くに家に帰るとき電車を降りたら雨が降っていました

駐輪場まで雨に濡れて歩いていると若い女性に声を掛けられました

「傘、2本持っているので良かったらお使いになられませんか?」と

言われました


自転車に傘をのせていたので何度もお礼を伝えました



1日に2度も、自分よりずっと若くて、見ず知らずの方に「愛」をいただきました

私もお二人のように、自然にそのようなことができる人になりたいと思いました

とてもhappyな一日でした[黒ハート][黒ハート][黒ハート]



本日のバラ

P1040703 (1280x960) (400x300).jpg

nice!(29)  コメント(15) 

一生のおつきあい [緑内障]

退院前日に、高校時代の友人からLINEが来ました

ブログで私の入院を知ってびっくりしたと書かれていました

このブログの存在は(その友人を含め)数人しか知らないので

逆に、久々に見てくれたブログで近況を知って連絡をくれた人がいた

という事実にびっくりでした(笑)





さて、退院後ですが相変わらず目薬は続きます

というか・・・一生お友達です[もうやだ~(悲しい顔)]

正直、この数年はさぼる日もいっぱいありましたがそれが災いしたので

これからは真面目に仲良くします



退院後、まずドラッグストアに向かいました

これから使うグッズを大人買いしてきました


自宅用

rps20170619_200915.jpg

・アルコールジェル(目薬のたびに手を消毒します)

・除菌ウェット

・清浄綿(まずは、目尻から目がしらに向かって拭き、新しい清浄綿で下瞼を抑え

      目薬をさして、あふれた液をふきとります)

・キッチンタイマー(5分でセットしておきます)

rps20170620_205759.jpg




携帯用

rps20170619_200851.jpg

清浄綿もいつも持ち歩きます




実は私、そんなに綺麗好きではありません(でした)

帰宅した時やお料理前に泡のハンドソープで手洗いするぐらい(でした)

ところが、目薬をさすたびに手を消毒しなければなりません

それぞれの目薬を5分以上空けてさすので、きっとその間他のことをします

ですので、その度に消毒です



まさか自分が家で10回以上もアルコールジェルで手を消毒するはめに

なろうとは思ってもみませんでした(偽りのきれい好き)








それから、ちゃちゃっと作ってしまおうと

パソコンを立ち上げてエクセルでミニサイズの「めぐすり表」を作って

ラミネートしました

rps20170619_200730.jpg


持ち運び「金魚ちゃん」に入れました

rps20170619_200827.jpg



スリムだった金魚ちゃんですが

目薬が増えて、携帯用アルコールスプレーも入れたらかわいそうなことになりました

これから目薬が減ったらいいんだけど・・・




本日のバラ

DSC_4795 (300x400).jpg

nice!(26)  コメント(12) 

おうちごはん44 [おうちごはん]

久々におうちごはんです



入院していたので、かなり前の写真も含んでいます


息子が食べに来た日の翌日、トマト煮込みの残りでリゾットを作りました

DSC_5059 (300x400).jpg

少し水分が多すぎました(いえ、ご飯が足りませんでした)

黒胡椒をかけたら味がしまりました


おかずも残り物でしたが、赤ワインを合わせてごちそうになりました



またまた、美味しいトマトを使ってチキンカラヒを作りました

DSC_5090 (300x400).jpg


あとは、入院前で冷蔵庫の在庫一掃セールです

DSC_5091 (300x400).jpg


退院した日

買い物に行こうと思ったら、爆睡している間に娘が買い物をしてくれていました

作ったのは私(な~ぜ~??)

待っていたら完成品が出てきたのかな(はかない希望)

rps20170619_200700.jpg



翌日の夕食です

万願寺唐辛子を炒めたものとプルコギです

rps20170620_205829.jpg

冷奴には山形の「だし」をのせました

夏にはさっぱりした「だし」が美味しいです




お見舞いにいただいた「黒船」の黒糖ゼリー

rps20170619_200635.jpg

あっさりした甘さで美味しく頂きました



こちらもいただきものの中村藤吉本店の抹茶クッキーです

rps20170619_201012.jpg

上品なお味でした(隠さねば)



6日間の入院で、運動もせずおやつ満載だったのに1.3キロ痩せました

いかに日頃の夕食のカロリーがすごいかをつきつけられました[がく~(落胆した顔)]



かわいいウエットティッシュをいただきました

rps20170619_224326.jpg

今使っているのボトルが空になったら、使うことにしましょう

くまモンの表情が好きです[exclamation×2]






本日のバラ

DSC_4805 (300x400).jpg


nice!(20)  コメント(12) 

入院グッズ [入院]

入院に際して持ってくるように言われていたもの以外に

用意して役に立った物や不要だった物などを覚書のために残しておきます



ちなみに、小物はほぼ100円SHOPで揃えました




☆役立ったもの

・大きめのS字フック(色んな所に物を吊るせる、床に置きたくない、

ロッカーの中に棚が少ない時にバッグを吊るすなど)

・お気に入りのボディソープ(旅行用の小さいもの、気分がUPします)

・音楽を聴く物(私の場合はウォークマン)

・大きな付箋(メモ代わり、不在の時はテレビに行先を書いて貼ってました

こちらの病院、行方不明だと捜索されるらしいので(苦笑))

・ビニール袋、レジ袋(濡れたものやゴミなどを入れる)

・除菌ウェット

・爪切り(入院が長引くと爪が伸びます)

・各種イヤホン

・使い捨てスプーン

・ハサミ

・紙コップ

・ヘアゴム

・見やすい置時計

・クリアファイル(書類をまとめておく)


★不要だった物

・泡のハンドソープとペーパータオル(病院に完備されていました)




○あれば良かったもの

・小さなアルコール手指消毒液(持ち運びに便利なサイズ)

・延長コード



●持ち込み禁止だった物

・スリッパ、クロックス(転倒防止)

・パソコン




目の手術後は、パジャマや部屋着は前開きを揃えるように言われましたが

見事にかぶり物しか持っていませんでした(/。\)




本日のバラ

DSC_4795 (300x400).jpg




nice!(19)  コメント(10) 

ちょっと焦りました [ひとりごと]

昨日は朝から病院近くでトラジャコーヒー

rps20170622_091552.jpg

ちょっと珍しいので飲んでみました





入院中、胸が痛いときがありセルフチェックをしたところしこりが見つかりました[がく~(落胆した顔)]

(これは「まさかの展開」の記事ではありません)

前にマンモトーム生検を受けたあたりです



看護師さんに「他の科に診察を受けに行ってもいいですか」と尋ねたら

「担当医が必要と判断したとき以外は無理です」と言われ

先生からも許可がおりませんでした



患者側からすれば「どうせなら入院している間に他の悪いところも診てもらいたい」と

思うのですがどうやら最近はそれができないみたいです

(保険点数の計算上、他院や他科受診は入院している病院が損をする?

 事務処理が面倒?とか)



そこで、退院してすぐに、いつも検診を受けている病院に電話をしたら

すぐに予約を入れてもらえました

こちらの病院も入院したら良いお部屋からは大阪城が見えます(もういいけど、笑)



半年ぶりに行ったら、担当の先生が退職されていました[たらーっ(汗)]

大きい病院のデメリットは先生がコロコロ変わることです



さて、診察の結果・・・しこりは見つからず

たぶん、体調とかの関係でたまたま乳腺の石灰化した部分が指に触れたのでしょう

とのことでした



とりあえず、ほっとしました[わーい(嬉しい顔)]




ずっと、小林麻央さんのブログを拝見しています

毎日遠くから祈っています

乳がんってできる場所とか種類によって実に怖いと思います

乳がんそのものも怖いですが、転移が実に恐ろしいです

以前、いつもたいそうに言う叔母が「かかとが痛い」「腰が痛い」と言ったときに

「暖かくなったら治るって~」とか

「またまた、おばちゃん大げさなんだから」と言ってたら

骨転移までした末期がんであることが判明しました

骨転移・・・ほんとに痛いみたいです

そうとは知らず申し訳ないことを言っちゃったと後悔しています






とにかく、おかしいなと思ったら検診に行きましょう[exclamation×2]




nice!(22)  コメント(14) 

優しいスタッフ [入院]

同じフロアは眼科患者が多いとはいえ他の科の人もいました

(私の判断で)認知症かなと思う方や叫んで暴れる患者さんもいらっしゃいました

でも、その方たちに対する看護師さんたちの対応がすごくあたたかかったのです

認知症に慣れた老人の施設でも難しい対応を皆さんが

されているのはすごいと思いました

私は「大変だなー」と思いながらも「本当に上手に対応されている」と思って

ベッドの上で、廊下で繰り広げられるシーンを見ていました

(入院中ヒマなので、よくヒューマンウォッチングをしていました)




病棟にはたくさんの看護師さんがいます

シフトが細かく分かれているので、替わるたびに挨拶に来られますが

直接かかわるのは、血圧や体温測定などの一瞬であるため

なかなか覚えられません



でも、珍しく一人だけ長くかかわった看護師さんがいます

シャンプーをしていただくことになった新人さんです

美容室のように寝転んで顔にタオルをかけてもらいます

シャンプー中は、雑談ができるので

「いろいろ大変なこともあるでしょうけれど、みなさん温かい対応を

 されていて感動しました」とそのときの話をしました

すると「私もこの間初めて対応をさせてもらって

 『この患者さんが自分の親なら・・・』と思うと涙が出ました。

 でも、先輩の対応を見習っていきたいと思っています」と言われました




「自分の親だったら」と思える優しさに感動してタオルの下で

目がウルウルしました

そして、彼女の言葉から周りの先輩方が普段から温かい対応を

されていることがわかりました


こんなに素敵なスタッフのいる病院で治療を受けられて良かったと思いました



「ここで3年頑張ればどこに行っても大丈夫!大変でも頑張ってね!」と言うと

「ひょっとして同じ職業の方ですか?」と言われました(いやいやいや、(笑))




名前もフルネームで覚えたので私にとって特別な看護師さんになりました


退院の時にお互い両手でバイバイをしました[わーい(嬉しい顔)]





本日のバラ

DSC_4802 (300x400).jpg

nice!(25)  コメント(15) 

目薬管理 [入院]

「まさかの展開」はしばしお待ち下さいね(引っ張るわねぇ)


昨日は、久々に会社に行きました

今は忙しい時期なのですが、机の上は書類の山もなくきれいでした

ひょっとして誰かが代わりにやってくれたのかとかすかな期待

しばらくして、その山が他の机の上にあることに気づきずっこけました[あせあせ(飛び散る汗)]

人生そんなに甘くはないですね、ハイ(笑)



眼科の入院は、基本食事制限がありませんでした

食事以外におやつを食べたりカフェに行くのも自由でした

その代わり目薬がなかなか大変でした

手術翌日に渡されたのが「めぐすり表」です

rps20170619_201103.jpg

A4サイズの紙に印刷されており、文字もとても大きいです

高齢者や目の見えにくい人に対して大きい文字はとても親切ですね

両目の人は2枚に分かれています


各目薬の間隔は5分以上空けます

ですので、長い時には軽く30分以上点眼にかかります






そして相棒

目を保護するカバー「かっぺ」です

rps20170619_200950.jpg

手術翌日まではガーゼを目に当てた上からつけていました(テープでとめます)

その後は、直接目にあてて貼っていました


入院中はずっとつけていました

フロアは眼科患者が多かったので、すれ違う人はほとんどがウルトラマンでした(笑)

もちろん私もウルトラマンです(シュワッチ)


(退院後も、2週間は就寝時につけています)






本日のバラ

DSC_4783 (300x400).jpg





nice!(24)  コメント(12) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。