So-net無料ブログ作成
検索選択

その気持ちがうれしくて・・・ [介護]

数日前にテレビで「のれそれ」が紹介されていました

それ以来、口が「のれそれ」になっています

スーパー2軒にもありませんでした

必ずあるなら居酒屋に行きたいところですが

行ってみてなければ悲しいです

「のれそれ」と日本酒、それだけで最高の贅沢です





先日、母の施設に行きました

3時ごろでしたが、お昼寝タイムだったようで部屋で横になっていました

車椅子ベッドのそばになかったので不思議に思いました

でも、食堂の母の席にも車椅子は見当たりません



しばらくして、職員さんが来られて

「今日はおねむでしたね。そろそろ起きてあっち(食堂)へ行きましょうか?」と

母に声をかけられました

でも、車椅子は持ってこられず不思議に思っていると

母をベッドから起こして立たせて

「さあ、歩きましょうか?僕の腕をぎゅっと握って下さいね」と母と向かい合う形で

ゆっくりと歩かせて席まで連れて行って下さいました



入所以降ずっと車椅子のままテーブルについていましたが

今回、普通の椅子になっていました



「この頃、歩行状態がいいのでシルバーカーを押して歩く練習をしているんですよ

 でも、なかなか慣れてもらえなくて」と仰るので

「たぶん、押した経験がないからそれが何なのか認識できていないのだと思います」と

伝えました






介護スタッフも少なく大変だと思うのですが、ほったらかしではなく

「少しでも良い状態にしたい」という気持ちがすごく伝わってきます

「最近は、トイレへも歩いてもらっています」

「時間的には厳しいですが、できるだけ歩いてもらえるようにと思っています」と仰り

本当に心から感謝感謝でした



私も週に一回ぐらいしか行けませんが、食堂や廊下を何周か歩かせています

すると明らかにその後頭が働いて話す内容がしっかりします


足腰を衰えさせないということだけではなく、歩くことは

脳の活性化も期待できると実感します




お礼を伝えて受付に戻ると施設長さんがいらっしゃったので

「歩かせようとして下さるお気持ち、本当にうれしく思います

 ありがとうございます!!」と伝えたら



「そう仰っていただけると職員も本当に励みになります

 ありがとうございます!!」と言われました




要介護5で入所して歩くようになられる人もいらっしゃると以前に聞きました

それはご本人の生命力だけでなく、職員の皆さんの日々の前向きで優しい気持ちや

たゆまない努力が大きな要因になっていると思います



日頃、まかせっきりで申し訳ないのですが

心から「ありがとう」と言いたいです







nice!(21)  コメント(14) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。