So-net無料ブログ作成

入社式前夜に [子育て]

昨日お昼休みに、入社式前日の息子とLINEでやりとりしていました

「たくさんの人に助けられて仕事をしていくのだから

 いつも周りの人に感謝することを忘れずに頑張って下さい」と書きました




仕事帰りに買い物に行こうと電車に乗っているときに

「あとで行くわ」とLINEが来ました

息子とはしばらく会えなくなるので会っておこうと思い引き返しました


「ご飯はあるから(←オヤジ作)野菜があれば下さい」と書かれていました

家に帰って20分ぐらいで野菜料理ばかり作りました

DSC_2629 (400x297).jpg



「野菜食べへんから食べるもんが偏るんよね」と言いながら

パクパク食べていました



大阪と東京で二度入社式をした後は、4ヶ月ほど研修で転々とするようです

卒業式で先生に「ほんと勉強できなかったけどキミの発想は面白くて好きだったよ」と

ほめてるんだかけなしてるんだかわからないことを言われたとか

他愛のない話をしながら、ふと

「何か用事があったのかな?」と思いましたがそれらしき話もなく

お皿を片付けてくれた後「じゃっ、忙しいから帰るわ」と席を立ちました



玄関のドアに手をかけた瞬間

「初任給で何か欲しいものある?
 
 …って、そんなにいっぱいもらえるわけじゃないから、買えるものはしれてるけど」

と言われ戸惑っていると

「じゃっ、にしとくわ!」と言うので

とっさに「何か残るものがいいわ」と答えました



息子は「飲んでもボトルが残るやん[ひらめき]と言って去って行きました(笑)



nice!(34)  コメント(15) 

明石散歩 [ひとりごと]

舞子から電車に乗り、隣駅の明石に向かいます

駅前再開発で、最近高層マンションが建ちました

DSC_2268 (300x400).jpg



では、歩いて行きましょう

すぐ近くに有名な「魚の棚」があります

DSC_2270 (300x400).jpg



最近は3月に魚の棚で「いかなご」を3キロぐらい買って

叔母の家で「くぎ煮」にしていましたが

今年は1キロ3800円までしか下がらなかったとかで

あまりにも高すぎて作るのをやめました

(昨年作ったのがこちら↓ 叔母と二人分で7キロぐらい買いました)

rps20170329_234917.jpg






お店にいかなごのくぎ煮がありました、高いです!!

DSC_2272 (400x300).jpg



DSC_2273 (300x400).jpg


DSC_2283 (300x400).jpg



明石焼きは明石では「玉子焼」と書かれています

DSC_2285 (300x400).jpg


DSC_2286 (400x300).jpg


DSC_2287 (300x400).jpg


DSC_2288 (300x400).jpg


DSC_2289 (400x300).jpg


DSC_2291 (300x400).jpg


こちらで「たこせんべい」を買います

DSC_2292 (300x400).jpg


DSC_2300 (400x300).jpg



ピザにもタコが入っているそうです

DSC_2306 (300x400).jpg

美味しそうなお店がたくさんあります





待ち合わせまでにまだ時間があるので先ほどの高層マンションまで戻ります

高層マンションの下は商業施設やクリニックになっていますが

その4階に市立の図書館があります

パンプスで15000歩も歩いていたので足が棒になっていたので

少し休憩します

DSC_2315 (400x300).jpg


DSC_2311 (400x300).jpg


広くてきれいな図書館で、駅前にあるので市民の皆さんに

活用されることでしょう



復活したところで、再び「魚の棚」に戻ります

DSC_2307 (300x400).jpg

叔母にごちそうになりました

このお店には何度か連れて行ってもらいましたがいつも混んでいます

器も盛り付けもとてもきれいで女性好みのお店です

DSC_2162 (400x300).jpg


DSC_2182 (300x400).jpg


DSC_2185 (300x400).jpg

他にも注文しましたが、写真を撮り忘れました

お昼も飲んだのに、また飲んでしまいました(笑)


お土産に太巻きも頼んでくれました

DSC_2190 (400x300).jpg

椎茸が細かく刻まれていておいしい食感でした


nice!(29)  コメント(18) 

明石海峡大橋散歩 [ひとりごと]

会場を出て海の方に下りていくとすぐに海岸線にたどり着きます

振り返ると会場だった「シーサイドホテル舞子ビラ神戸」が見えます

立派でした!(バスからいきなりロビーだったので全貌に気づかなかったです)

DSC_2097 (400x300).jpg



では、お散歩開始です

DSC_2107 (400x300).jpg


DSC_2139 (400x300).jpg


DSC_2142 (400x300).jpg


DSC_2145 (400x300).jpg


すぐに明石海峡大橋の下に着きました

叔母から教えてもらった施設に入ってみます


では、海上から47mの「舞子海上プロムナード」に上がってみましょう

回遊式遊歩道になっています(入場料は250円でした)

DSC_2156 (400x300).jpg


DSC_2158 (400x300).jpg


DSC_2159 (300x400).jpg


ホテルから橋を見ましたが、今度は逆バージョンです

DSC_2163 (400x300).jpg



そして、一番の見どころ?

ガラス張の上にある丸木橋

私はわりと平気なので、ガラスと丸木橋の両方を歩いてみました

DSC_2167 (300x400).jpg


カナダ人観光客のみなさんはガラスの上に寝そべって

丸木橋の上から覗き込むような形で自分の写真を撮ってもらっていました



無料のカウンター

DSC_2228 (400x300).jpg


一瞬で占拠されました

DSC_2233 (400x300).jpg


再び降りて反対側から舞子駅に向かいます

泳いで行けそうな淡路島です(無理無理!!)

DSC_2236 (400x300).jpg


風が冷たくて寒い午後でした
nice!(34)  コメント(16) 

卒業記念パーティー [子育て]

さて、卒業式が終わってバスに乗り込みました

バスの隣の席の方もおひとり参加だったので、一緒に回ることにしました

パーティー会場は明石海峡大橋のすぐそばにあるホテルでした

(ホテルも景色も夜の橋のライトアップもきれいでおすすめと聞いていたので

来月お友達と仕事帰りに宿泊を予定していて、その下見も兼ねて見て来ました)

DSC_2071 (400x300).jpg

パーティーが始まるまでに景色を楽しみます

DSC_1906 (400x300).jpg


DSC_1907 (400x300).jpg


DSC_1908 (400x300).jpg


DSC_1929 (300x400).jpg


DSC_1924 (400x300).jpg


DSC_1927 (400x300).jpg


座って楽しく談笑しました

DSC_1913 (400x300).jpg



卒業式に引き続き二度目の学長のご挨拶は英語で、途中でわからなくなりました(笑)

(卒業式はもっと理解不能な言語で行われ学生は笑っていましたが別会場の

 保護者はシーンと静まり返っていました

 ?§¶ΘΨЫΞÅ?(はぁ?)みたいな(苦笑))

DSC_1991 (400x300).jpg


DSC_1989 (400x300).jpg


乾杯の後は、美味しくいただきました

DSC_1982 (400x300).jpg


DSC_2001 (400x300).jpg


鉄板焼きや

DSC_2037 (400x300).jpg


DSC_2041 (300x400).jpg


明石焼きもありました

DSC_2052 (300x400).jpg



私の時代も、数年前に卒業した娘も卒業式の後は「謝恩会」という形で

先生方と学生だけの会でしたが

今回のパーティーは、大学入学のときに入会する会と同窓会主催で

入会するときに会費を払っているため、卒業する学生とその保護者も無料で参加できます

とてもありがたい思い出に残る最後の学校行事となりました



息子は大学の中庭で後ろ姿だけ見かけましたが、パーティーでは発見できませんでした

(「こっそり行くから」と言っておいたので「逆メラメラ」されても困るし)



パーティーを途中で失礼して、次は明石に向かいますが

その前に明石海峡大橋までお散歩をしてみましょう



nice!(32)  コメント(18) 

卒業式 [子育て]

先日の息子の卒業式ですが、やっと写真の整理ができましたのでUPします



その日、私は早朝から大学に向かい電車の中で小さい頃からのことを

思い出していました

とても(親にとっては)育てやすい小学生時代からうってかわって

中学時代は毎月私は学校から呼び出されました

ほとほと困っているときに救われたのは、年下の聡明なお友達から

「彼は反抗ではなく、実験をしてるのね。だって、同じ失敗はしないでしょう?」と

言われ、目からウロコが落ちる思いでした

そんな3年間を経て高校に入ると憑き物が落ちたみたいに普通に戻ったのでした


感傷に浸りながら息子に

「卒業おめでとう」とLINEをしたら



「遅刻した、今 駅」と返事が来ました

心の中で「なんでやねん」とハリセンを叩く音がしました


私はもう大学のすぐ近くまで来ていましたが、息子は駅から2時間かかります



メラメラしながら駅を降り立ちました

DSC_1754 (300x400).jpg

学校の前にある行列は何?と思ったら皆さん記念撮影中でした



小さな大学ですが、私は正門からの坂道の眺めが好きでした

DSC_1767 (400x300).jpg

坂の上から見ると・・・

DSC_1887 (400x300).jpg


DSC_1773 (400x300).jpg


DSC_1779 (300x400).jpg


DSC_1781 (400x300).jpg


入学式もそうでしたが、今回も保護者は講義室のスクリーンで式の様子を見ます

DSC_1788 (300x400).jpg


DSC_1792 (400x300).jpg


本人不在の式・・・はじまりはじまり

DSC_1796 (400x300).jpg



式の会場にいない学生も結構いて・・・

反抗期なん??と思いました


最後に教室でひとりひとりに学位記は授与されていました(ホッ)


中庭では

DSC_1826 (400x300).jpg


DSC_1867 (400x300).jpg

学生生活最後の一日を惜しむかのように卒業生が写真を撮っていました



私は、先に大学をあとにして

DSC_1881 (300x400).jpg


大学が用意して下さったバスでパーティー会場に向かいます

DSC_1880 (400x300).jpg





nice!(36)  コメント(18) 

初めまして [ひとりごと]

初めて「オフ会」に参加しました

hatumi30331さん主催のもので総勢15名の参加でした


DSC_1768 (400x300).jpg

大阪人ですが初めて「泉佐野」の駅に降り立つと

ブログの写真で見覚えのあるhatumi30331さんの姿を発見し、すぐにわかりました

周りには既に何人かの方がいらっしゃいました


「初めてだと戸惑うこともありますよ」とか

「乾杯のビールをなかなか飲めない」とか

「『来るんじゃなかった』と後悔する」とか

数々のネガティブ発言を聞きましたが、それでめげるわけでもなく(笑)

お店について行きました



お店の前でまず撮影です(笑)

そして、中に入って早速いただきます

が、乾杯をしながら器用に撮影(笑)

私は、スマホのボタンをうまく押せませんでした(初心者丸出し)

DSC_2224 (300x400).jpg


ブログに登場するキャラクターを持参されている方もいらっしゃいます

DSC_2192 (300x400).jpg


360度写せるカメラで撮影されている方も(すごーい)

DSC_2193 (300x400).jpg



立派なレンズのついたカメラをお持ちの方が多くてびっくりでした

私は、何もわからないのでキョロキョロしてしまいました(へへ)


では、ごちそうをいただきます

DSC_1790 (400x300).jpg


DSC_2320 (400x300).jpg


DSC_2321 (400x300).jpg



DSC_2323 (400x300).jpg


お酒も入り、お腹もちょっと落ち着いてきた頃に自己紹介コーナーがありました

遠くからの方もいらっしゃいます


DSC_2428 (300x400).jpg


DSC_2429 (400x300).jpg


皆さんからお土産をいただきました

DSC_2430 (400x300).jpg


hatumiさんからのプレゼントです

DSC_2431 (300x400).jpg

木の箱?からヘビが出ました~(ひえー)

DSC_2435 (300x400).jpg



DSC_2436 (400x300).jpg


DSC_2437 (300x400).jpg


かわいい子たちが勢ぞろいしました

DSC_2438 (400x300).jpg


デザートです

DSC_2446 (300x400).jpg



最後に3月のお誕生日の方にバースデーケーキがありました

15等分はかなり難しいですよ(;´∀`)

DSC_2450 (300x400) (2).jpg


DSC_2471 (300x400).jpg


いっただきまーす

DSC_2473 (300x400).jpg



2時間の宴は終始和やかに笑いが絶えないものとなりました


ブログを通じて楽しい出会いとなりました


いつも拝見している「裏・市長」さん、文体とご本人のギャップがあるかと

思ったらそのまんまでした(笑)




皆様、ありがとうございました!!

また、お会いできる日があることをたのしみにしていますにゃ

DSC_2448 (300x400).jpg

   ↑
借りものです







nice!(27)  コメント(25) 

今どきの・・・ [子育て]

昨日は皆様からのコメント、嬉しく拝見しました

皆様ありがとうございます。

卒業式とパーティーが終わり晴れやかな気分です

今、明石にいて夕食の待合せまでの休憩に図書館で座って入力中です




朝、感傷に浸りながら電車に乗っていて「卒業おめでとう」と

息子にLINEをしたら………



メラメラ、燃えました((怒))

それは後日また



以下は予約投稿用に書いていたものです

写真の整理ができたら卒業、パーティー、お散歩の記事に移ります






内定をいただいた息子ですが、ギリギリセーフで卒業もでき、もうすぐ入社です


同期入社の中で優秀な人が留年で入社できず(他人事ではなかったです)

LINEのグループから消えたそうです



スマホがあることが前提の世界

まるでバーチャルゲームからいなくなるかのようなお別れ・・・



アナログで生きてきた世代の私は、かなりの違和感を感じました



今どきの子供たち、パソコンや携帯のメールでは人づきあいができたとしても

実際会って言葉を掛け合って心を通わせる・・・

その当たり前のことができるのかなぁ、とちょっと心配になりました




ゲームやパソコン、携帯の中で育ってきた子供たち

社会に出ると嫌なことがあっても「リセット」ボタンで逃げることはできません



失敗を恐れることなく、リアルな「人間」と向かい合って

成長していってほしいと思います





柄が世界地図になった牛のぬいぐるみ

相次いで見つけました

DSC_1115 (300x400).jpg


DSC_1146 (300x400).jpg



nice!(21)  コメント(14) 

最後の手紙 [ひとりごと]

駅の改札からホームまで猛ダッシュでかけ上がったら

このまま死ぬんじゃないかと思うぐらい息が切れました

普段、運動をしていないので仕方がないのですが

それにしてもヒドイ!と思ったらマスクをしていました

高地トレーニングをしていたのね、私

ちょっと酸欠(-_-;)





ネタ切れ、写真のストックもなく・・・・というわけでもないのですが

今日は重い読み物なので、お時間のない方はスルーなさってください







私が数年間心の中で引きずってきたこと

離婚についてですが



離婚したこと自体は今でも全く後悔はしていないのですが

自分の中で「懺悔」の部分をずっと持ち続けていました



元夫側の親戚と私は最初から最後までずっと良好な関係にありました

親代わりになってくれていた叔母夫婦は自分の息子のお嫁さんよりも

私のことを大切にしてくれていたそうです(周囲談)

物事をはっきり言う叔母は時にはお嫁さんたちを泣かすこともありましたが

私には言いやすかったのかズバズバ言われても私が泣くことはありませんでした




一大決心をして家を出て別居期間を経て離婚届けを出す前日

携帯に叔母からの着信がありましたが

大きな手術の後だと聞いていたので出ませんでした

叔母が離婚原因をどのように聞いていたかはわかりませんが

私が電話に出たら、私は(夫の)悪口を言うかもしれないし(いや、言うでしょう(笑))

私と考え方が良く似ている叔母に私が心折れたときと同じダメージを負わせてしまう

病み上がりの人にそれはしてはいけないと思いました




結果、真相を知らないひとたちの憶測で

私は「オトコを作って出て行ったひどい嫁」ということに飛躍したかどうか(笑)

それは知りませんが、私はどう思われてもそれは別に構いませんでした




叔母夫婦とは関係が切れてしまいましたが、義弟の奥さん(神様みたいに優しい女性)

とは水面下でつながっていて、年上の彼女は私の離婚を機に(「お姉さん」から)

「ようこさん」と私の呼び名を変えました

数年前、東京に行ったときにこっそり?空港で会いました

そこで、叔母のご主人が亡くなられたことを知らされた瞬間

周りに人がいるにもかかわらず号泣してしまいました



後ろ足で砂をかけるような形で去り、誰にも「ありがとう」も「ごめんなさい」も

言えずにいる間に、私を大切にしてくれた人はいなくなってしまいました



今年になって元姪っ子が亡くなっていたことも知り、またしばらくどうしていいのか

わからなくなりました



親が亡くなるのは順番だから仕方ない

でも、子供が自分より先に逝ってしまうって想像しただけで

かける言葉も見つかりませんでした




今さらどのように連絡をしたらいいのかとも思いました

それよりも、その訃報は悪い夢ではないかと2ヶ月の間何度もメールを見返しました



2ヶ月考えて考えて・・・

やっぱり「言葉」はお互いが生きている間に伝えておこうと決心して

叔母には余計なことは一切書かず長年のお礼とお詫びだけを

義弟の奥さんには(返事すら辛いはずなので)「返事もお返しも一切必要ないので」と書いて

姪っ子の好きだったお菓子とお花などを送りました

送る前にも「神様のもとに召されたというのは悪い夢かも」とメールを確認しました




二通の手紙は、私の自己満足だけなのか・・・

どのような気持ちで手紙を受け止められたか

どちらもわかりません



昨年、郷ひろみさんが元奥さんのお母様(白川由美さん)の告別式に現れなかったと

報道されたとき、きっと誰もいないところで手を合わせられていたのではないかと思って

観ていました



離婚すると、ちょっと難しい「関係」もあるものです


私も遠くから皆様の健康を祈るだけです





今日は、朝早くに起きて息子の大学の卒業式に行って来ます

晴れの予定なので、とても良い景色も見られる予定です(その景色は後日また)

私もいろいろなことから卒業です
nice!(17)  コメント(12) 

北海道へ⑧(新千歳空港~お土産) [旅行]

1泊2日の旅なのに、引っ張る引っ張る~

8回に及んだ北海道の記事、今回が最終回となります

長い間、おつきあいありがとうございました



では、最後のお楽しみの新千歳空港です

・・・何を隠そう、私が一番好きな空港でございまして

ここに来ると毎回「自分」が壊れるのであります(笑)

美味しいものがたくさんありすぎて、財布が空になるまで買っちゃう

お金が無くなったらカードを切りまくる!恐ろしい場所なんですね

今回は、カードも切らず財布も空にならずに済みましたが・・・

他ではそういうことはないので、きっと魔物が棲んでいるのだと思います(言い訳)




「ロイズチョコレートワールド」というのができていました

DSC_1606 (300x400).jpg


DSC_1607 (300x400).jpg


DSC_1609 (400x300).jpg


ここでも製造されていてガラス越しに工程が見えて、作られた商品は

横で売られています

いいなと思ったのは、生チョコレートなどの人気商品がミニサイズで売られていて

ばらまき土産にはちょうどいいものがたくさんありました



2階に降りてたくさんのお土産を買いました

人にあげるよりも自分で食べたいものばかりで困っちゃいました


いつもは出発までに札幌ラーメンを食べるのですが、今回はまだお腹がいっぱい

だったので食べずに飛行機に乗りました




DSC_1619 (400x300).jpg


DSC_1622 (400x300).jpg


太陽が雲の下に隠れそうです

DSC_1623 (225x400).jpg


DSC_1624 (225x400).jpg


DSC_1627 (300x400).jpg


DSC_1628 (400x300) (2).jpg


DSC_1629 (400x300).jpg


DSC_1634 (400x300).jpg


あっという間に大阪です

DSC_1638 (300x400).jpg


DSC_1639 (300x400).jpg


バスの中では「誘ってくれてありがとう」と長年の親友にお礼を伝え

「また行こうね」と言って別れました



家に帰ってお土産を開封します


ロイズのチョコレート

P1040367 (400x300).jpg


北海道のお菓子たち

P1040368 (400x300).jpg


初めて買ってみたカルビーのお菓子

P1040369 (400x300).jpg


大好きな「もりもと」の「ハスカップジュエリー」

P1040370 (400x300).jpg


「ぎょれん」の松前漬

P1040372 (400x300).jpg


搭乗口の横に売られていた「スープカレーの素」は友人へのお土産です

P1040371 (400x300).jpg

※シェフは入っていないそうな

入っていても困るけれど・・・




他にもクッキーなどを買ったような・・・


「カツゲン」は重いので断念しました


楽しかった北海道旅行でした

ありがとうございました!!
nice!(16)  コメント(10) 

北海道へ⑦(朝食~札幌ビール園) [旅行]

ゆっくり寝た後は、1階のレストランに向かいます

DSC_1459 (400x300).jpg


DSC_1462 (400x300).jpg


目が釘付けになったのが、北海道でしか飲めない「カツゲン」という乳酸菌飲料です

北海道を紹介する番組でよく出てくる飲料ですが、初めて見ました!!

これは是非とも飲まなければなりません[わーい(嬉しい顔)]

DSC_1463 (400x300).jpg

味はヤクルトとかビックルに似た味でした


DSC_1466 (400x300).jpg


北海道の食材がたくさんありました

さあ、いただきましょう

DSC_1467 (400x300).jpg


朝からおはぎやケーキなどデザートもたくさん盛ってしまいました

DSC_1470 (400x300).jpg


朝食場所入口にはお部屋に持ち帰って飲めるように

コーヒーとカップが置かれていました

初めて出会った素敵なサービスでした


ありがたくいただいて帰り、チェックアウトまでまったりしました

DSC_1473 (300x400).jpg


さて、チェックアウトに向かいましょう

エレベーターホールの横には素敵なスペースがありました

DSC_1471 (400x300).jpg


DSC_1472 (400x300).jpg


1階はこんな感じです

DSC_1474 (300x400).jpg


DSC_1475 (300x400).jpg


DSC_1477 (400x300).jpg



きれいで、心遣いの感じられるホテルでした



外に出るとこの日も良いお天気でした

DSC_1479 (300x400).jpg


DSC_1480 (400x300).jpg




では、ホテルの前のバス停から循環バスで札幌ビール園に向かいます

DSC_1481 (400x300).jpg


DSC_1483 (400x300).jpg


DSC_1485 (300x400).jpg


・・・が、到着したらオープンは11時からで1時間ぐらい時間がありました


考えたあげく、札幌に戻ろうということになり再びバスに乗りましたが


「このまま乗っていたらまた戻って来られて開館時間になる[ひらめき]」と気づき

1周しました(ヒマなん???)



はい、再び到着でございます

DSC_1489 (400x300).jpg

札幌ビール博物館に入ります

(この日は有料のツアーはお休み、試飲もありませんでした)


3階から仕込み用の巨大な銅釜を見ながらスロープを下りていきます

DSC_1496 (400x300).jpg


DSC_1503 (300x400).jpg


P1040355 (300x400).jpg



2階は建物の模型や昔からのポスター、映像コーナーなどがあります

DSC_1505 (400x300).jpg


DSC_1506 (400x300).jpg


P1040359 (400x300).jpg


P1040360 (400x300).jpg


P1040361 (400x300).jpg


P1040363 (400x300).jpg


1階でジンギスカンの予約をして建物を移動します

DSC_1510 (400x300).jpg


結構煙がモクモクしているのでコートやバッグ用にビニール袋を一人2枚

渡されました

紙エプロンをつけて「いっただきまーす」

DSC_1511 (400x300).jpg


DSC_1521 (300x400).jpg


ジンギスカンの後は、バニラアイスをいただきます

昔の濃厚なアイスの味がしました

DSC_1522 (300x400).jpg


DSC_1525 (300x400).jpg



ビール2杯でちょっといい気分になってバスに乗り、札幌駅に向かいます

DSC_1526 (300x400).jpg


救急車と消防車がたくさん集結してきていました[あせあせ(飛び散る汗)]

何事かあったのでしょうか。。。

DSC_1529 (400x300).jpg


「日本三大がっかり」のひとつ、時計台です

確かに、初めて見たときにはがっかりしました(笑)が、見慣れました

P1040366 (400x300).jpg

旅行のパンフレットなどは時計台だけが切り抜かれているので

実際ビルの間にひっそりたたずんでいるのを見るとがっかりしちゃうのでしょうね



そして、JR札幌駅に戻ってきました

DSC_1605 (400x300).jpg


この日は混んでいて、空港までの30数分間座れませんでした


nice!(22)  コメント(10) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。